2004年10月09日

チチコグサモドキ

チチコグサモドキ Gnaphalium pensylvanicum


チチコグサモドキは、熱帯アメリカ原産の帰化植物です。草丈は10〜30cmほど、花の時期は5月〜9月ぐらいまで、道端や芝生の間、畑地などでよく見られます。葉の両面には長い毛があって、特に裏面は白っぽく見えますが、表面は緑に見えます。葉の形が「へら形」という特徴があるので似た種類と見分けるときのポイントとして有効なのですが、写真の個体ではちょっとその特徴がわかりにくいですね。

見分けるポイントとしてもう一つ有効なのが、花のつき方です。写真ではすでに花は終わり、果実ができた状態で、ボワボワとした冠毛(かんもう:タンポポでよくいう綿毛)が目立っています。そのボワボワとした塊が、茎の上の方にある葉っぱの付け根(葉腋:ようえき)の数か所から出ています。これもチチコグサモドキの特徴です。

典型的な個体なら、花の咲き始めのころ、一番上に花の塊がまとまっているように見えるのですが、花が咲き進むのとともに茎もどんどん伸びていくので、それぞれの葉腋につく花の塊が縦にバラけて見えるようになります。特に咲き進むと、茶色っぽい花と白い冠毛がまじりあった状態で、見た目がよいものとはいえないでしょうね。しかも写真のものは、自転車置き場の屋根の端っこに生えていて、思いっきり泥はねしていましたし。ふつうなら花時期にも残っていそうな、根生葉(こんせいよう:根元の地面を覆うようにつく葉)もなくなってしまっていましたね。写真後方には別の個体の根生葉はありましたが。

【和名】チチコグサモドキ [父子草擬き]
【学名】Gnaphalium pensylvanicum
【科名】キク科 COMPOSITAE
【撮影日】2004/09/15
【撮影地】東京都日野市

posted by hanaboro at 17:06| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。