2004年10月16日

アキノノゲシ

アキノノゲシ Lactuca indica


アキノノゲシは、日本全土に分布し、日当たりのよい土手、空き地や道端などにふつうに生えています。夏の終わりごろ、みずみずしく柔らかそうな根生葉が目に付くようになり、これは一体なんだ?と思っているうちに、草丈はグングン伸びてきて、最終的には1m〜1.5mほどになります。初秋〜晩秋にかけて淡い黄色の花を円錐形の穂にたくさん咲かせますが、その姿には立体感があり順調に生育した個体は、実際の草丈以上に大きく見えます。

花が終わって種子が熟すとタンポポと同じように、種子は綿毛(冠毛:かんもう)とともに風にのって運ばれます。秋も半ばになれば、写真のようにアキノノゲシの冠毛が目立つようになります。その冠毛の中をジロジロ見ると、黒っぽい種子(そう果)がたくさんできているのがわかります。アキノノゲシは種子ができる確立がとても高いのです。その理由は、受粉の方法が二段階になっているからだといいます。では、その秘密をちょっとだけ。

アキノノゲシの花は日中だけ開いて、夕方には閉じてしまうのですが、昼の間は、同じ花の中での受粉はせず、夕方になってようやく同じ花の中での受粉(同花受粉)が行われます。つまり、日中は花を訪れる昆虫によって、花粉を運んでもらおうと花を開いて待ちますが、もし、昆虫の訪問によって受粉できなかったとしても、同花受粉することによって、確実に受精して種子を残すというわけなのです。子孫を残すために念には念をいれているってことですね。

写真の個体は、台風などの影響をもろに受けてしまったのでしょうか、円錐形になるはずの花序の形はめちゃくちゃです。もうかなり種子もできていてそろそろ役目も終わりそうなのに、茎の先は上へと向いていて、まだ生長ホルモンは健在のようで。。。

【和名】アキノノゲシ [秋の野罌栗]
【学名】Lactuca indica
【科名】キク科 COMPOSITAE
【撮影日】2004/10/07
【撮影地】東京都日野市

■Trackback
ひなっぺた通信」さんの記事→「虫よ来〜い!

posted by hanaboro at 18:26| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スズメウリ

スズメウリ Melothria japonica


スズメウリは、本州、四国、九州に分布するつる性の一年草で、山野のちょっと湿り気の多い場所や河原の水辺に生えています。ウリ科の植物なので、葉が変形した巻きひげで周りの草などに巻きつきます。名前の由来については、属は違いますが同じウリ科の「カラスウリ」と比べて果実が小さいから、「スズメウリ」と呼ばれているという説と、果実がスズメの卵に似ているからという説があります。花も実のゴージャスなカラスウリと比較すると、スズメウリの見た目はなんと繊細なことでしょう。

花は直径5〜7mmぐらいの少し黄色みがかった白色で、8月〜9月ごろ咲きますが、この植物の一番の特徴は、やはり、その果実でしょうね。スズメウリの果実は直径1cmほどの球形か卵形です。写真では、緑の球と白っぽい球が見えますよね。なぜ2色あるかというと、果実のできはじめは緑なのですが、熟すとだんだん白っぽい色(灰白色)になってくるからなんです。それで色の違う果実がぶらさっがっているってわけですね。

【和名】スズメウリ [雀瓜]
【学名】Melothria japonica
【科名】ウリ科 CUCURBITACEAE
【撮影日】2004/10/11
【撮影地】東京都日野市

posted by hanaboro at 10:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。