2004年11月08日

ベニバナボロギク

ベニバナボロギク Crassocephalum crepidioides


ベニバナボロギクは、アフリカ原産の帰化植物です。夏の花という感じがしますが、花期は8月〜11月で、初冬まで花が見られることがあります。花の時期には草丈30cm〜1mほどになり一年草です。日本国内では戦後まもなく北九州で発見され、その後は瞬く間に分布が広がったそう。今では空き地や道路脇などでふつうに見られます。

写真は幼植物で、これで草丈は15cmほどです。本格的な冬を前に果たして開花までこぎつけるでしょうか。アフリカ出身の一年草ということで、これくらいまで生長した幼植物の状態では、関東とはいえこの冬を乗り越えられないかもしれません。天候の影響か何かで、本来春に発芽するはずが、芽生える時期を間違えてしまったのでしょうか。

山火事や人の手が加わってかく乱された土地にどこからともなく種子が飛んできて、いち早く侵入するほどの高い種子分散能力を持つ帰化植物。そのたった1個体の行く末を案じることもないのでしょうが。。。どこかこの草には切なさを感じずにはいられません。それは、この草が食べられる野草で、それには、悲しい歴史があるからなのかもしれません。

葉は「シュンギク」のような香りがあって、第二次世界大戦中には「南洋春菊」、「昭和草」と呼ばれ、台湾などで実際に日本の兵士たちがシュンギクの代用野菜として食用にしていたというのです。さらに台湾の先住民の人たちは「ヒコーキグサ」とも呼ぶそうで、その理由が飛行機をたくさん目にするようになってからこの草が増えたからだといいます。そういった歴史を知ると、切なくて胸が痛みます。

以前、わたしもサッとゆでたものを食べたことがあります。「シュンギク」ほどではないですが個人的には結構好みの味でした。どこでもふつうに生えているので、すぐ手に入るかもしれませんが、都市部のものはおすすめできません。見た目もうどんこ病にかかっていることも多くて、食べようという気持ちにはなれないでしょう。目指すなら、ちょっと山の中の伐採跡地ですね(笑)。

花は筒形で下を向いて咲きます。筒の部分は緑色で、先端だけが紅色です。新鮮な花は結構きれいなものですよ。それなのに、なんで「ベニバナボロギク」なんて名前になってしまったのか、その原因は花の終わった後の姿にあるんです。花が終わると、白い綿毛(冠毛)が伸びてきます。できてすぐのときはごくふつうの綿毛ですけれど、しだいにほころびてきて、ちょっと美しくない姿になります。その様子がボロ布みたいだということで、「ボロギク」と名づけられてしまいました。ベニバナボロギクは、紅色の花をつける襤褸菊ってことですね。

【和名】ベニバナボロギク [紅花襤褸菊]
【学名】Crassocephalum crepidioides
【科名】キク科 COMPOSITAE
【撮影日】2004/11/05
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
ダンドボロギク
同じように「ボロギク」と名づけられた「ダンドボロギク」のボロボロな姿をすでにご紹介済みです。これまでの記事の中でも一二を争うほどの「ボロボロ」ですので、よかったらぜひご覧くださいませ。

posted by hanaboro at 21:27| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月06日

オニノゲシ

オニノゲシ Sonchus asper


オニノゲシはヨーロッパ原産の帰化植物です。帰化したのは明治時代だそうですが、今はもういたるところで見られます。草丈は50cm〜1mほどです。ふつう図鑑などでは、「葉のギザギザ(鋸歯)の先に鋭いトゲがあって、さわると痛い」とあります。確かに標準的なものはそうなんですが、中にはギザギザやトゲがそれほど鋭くない個体もあって、在来種の「ノゲシ」と交雑してしまっているのではないかと思うことがあります。

「ノゲシ」は、葉がケシの葉に似ていることからきていて、「オニノゲシ」は、ノゲシに似て見た目が強そうなところから「オニ」とつけられたそうです。

オニノゲシの一番の特徴は、葉の形でしょう。羽状に切れ込んで、先にはトゲがあって、同じキク科のアザミのようにも見えます。葉っぱの付け根は耳のようになって茎を抱きこむ形で茎についています。このような状態を「耳状に茎を抱く」といいます。

花期は4月〜10月で、色は黄色です。ノゲシの花期が4月〜7月であるのと比べても、いかにも帰化植物的ですよね。

キク科の花は小さい花(小花)がたくさん集まって1つの花に見えていて、これを「集合花」といいます。そして小花には「舌状花」と「筒状花(管状花)」の2つのタイプの花があるんです。ふつう花びらに見える舌のような形の花が「舌状花」で、目立つ花びらのない筒状のものが「筒状花(管状花)」です。例えば、「ヒマワリ」の場合だと、周りの黄色い花びらのあるものが「舌状花」で、中央の茶色のものが「筒状花」です。ところが、同じキク科でも、両タイプの花があるとは限りません。オニノゲシの花はすべて舌状花からできているんです。

写真は、種子が実って綿毛が広がった状態です。綿毛はより広い範囲に種子を運ぶのにとても有効です。このオニノゲシの種が新たな生育地に旅立つのももうすぐですね。

茎を折ると中は中空です。折って確かめてもいいですが、折ると白い乳液が出ます。それがでてきてもOKな方は確かめてみてください。一応、トゲにはご注意!


【和名】オニノゲシ [鬼野罌粟]
【学名】Sonchus asper
【科名】キク科 COMPOSITAE
【撮影日】2004/11/05
【撮影地】東京都日野市

■なぜボロボロなのか。
「花図鑑のボロボロブログ!」では、いつも1つの記事に1枚だけ写真をのせて、1つの植物をご紹介しています。写真1枚を選ぶとき、ふつうならその最も美しく撮れた写真を選びますが、ここのブログでは、美しさはほとんど考慮されていません。したがって、とんでもなくお見苦しい写真が載ってしまうことがあります。例えば、今回の「オニノゲシ」ですが、本来は記事の一番上の写真よりも、下↓の写真が選ばれることが多いのです。

オニノゲシ Sonchus asper


これは、まだまともな方かもしれません。こういう感じの写真や写っている花たちを「ボロボロ」といいます。

posted by hanaboro at 20:25| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(1) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月05日

ヨウシュヤマゴボウ

ヨウシュヤマゴボウ Phytolacca americana
2004/011/05 乾燥してぶら下がる葉

ヨウシュヤマゴボウは、北アメリカ原産の帰化植物で、草丈は1.8mほどまで生長します。枝を横に広げるので、かなりの大物になります。明治期に帰化したといわれていますが、かなりの繁殖力で、今ではいたるところでふつうに見られます。

掘って確かめたわけではないですが、根は「ゴボウ」のように太く肥大するそうです。それで名前は洋種の山牛蒡ということで「ヨウシュヤマゴボウ」といい、別名を「アメリカヤマゴボウ(亜米利加山牛蒡)」ともいいます。このように名前は、根に着目してつけられていますが、この植物の見所は、やはり全体的な色の派手さと、ブドウのような実ではないでしょうか。

春、青々とした大きめの葉をつけた株が、見る見るうちに生長していきます。葉っぱだけで何の植物なのかわからなくても、その様子はすでにどこか異様な雰囲気をかもしています。そしてさらに生長し、花が咲いて実もでき始める頃には、茎の赤紫色も顕著でとても目を引く存在となります。見ていると、その色彩には毒々しさを感じるほどです。

ヨウシュヤマゴボウ Phytolacca americana
2004/09/15 色づく果実

花期は6月〜9月で、長い穂状の花序に白花をたくさん咲かせます。花の後には黒いブドウのような実がたわわに実り、重みで花序は垂れ下がってきます。この実は、つぶして水を加えると、きれいな色水ができます。道端や空き地でふつうに見られますので、子供の頃に遊んだことのある方も多いと思います。

しかし、根や葉は有毒ですので、注意しなければいけません。特に若い新芽はやわらかくおいしそうに見えますが、食べると嘔吐や下痢を起こすそうなので、食べてはダメ!果実は無毒だという説もありますが、おすすめできません。色水遊びの後はよく手を洗ってくださいませ。

先月までは、色鮮やかな葉と実が見られましたが、11月になり実もすっかり落ちてしまいました。中には鳥が食べて、どこか別の場所に運ばれたものもあるかもしれませんね。一番上の写真の葉はもうほとんど枯れていましたが、それでもなお、そのどぎつい色は健在でした。

【和名】ヨウシュヤマゴボウ [洋種山牛蒡]
【別名】アメリカヤマゴボウ [亜米利加山牛蒡]
【学名】Phytolacca americana
【科名】ヤマゴボウ科 PHYTOLACCACEAE
【撮影日】2004/011/05、2004/09/15
【撮影地】東京都日野市

【注意】ふつう「ヤマゴボウ」といて食べられるものは、まったく別の植物です。食べられるヤマゴボウは、キク科アザミ属の「モリアザミ」の根です。ヨウシュヤマゴボウの根は食べられません。

posted by hanaboro at 19:49| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月04日

アカモノ

アカモノ Gaultheria ovatifolia ssp. adenothrix


アカモノは、北海道、本州、四国の山地〜亜高山の林縁に生えています。背丈が5cm〜20cmほどしかなくとても小さいのですが、ツツジ科の常緑の木です。ちょっと難しめにいうと、「常緑矮性低木(じょうりょくわいせいていぼく)」です。高山には他にもツツジ科の常緑矮性低木がたくさんあります。例えば、ツガザクラの仲間、ミネズオウ、ヒメシャクナゲ、コケモモなど、それぞれ個性豊かで高山植物らしい雰囲気を持っています。

アカモノは、日本の固有種ですが、高山植物的な雰囲気を持つツツジ科の常緑矮性低木の中では、国内での分布は広い方でやや標高の低いところまで生育しています。若い枝や花序、ガクの部分は赤くて、さらに赤っぽい毛がたくさん生えています。花は純白かちょっとだけ赤みを帯びていて、長さは7mmぐらいです。形は釣鐘型で下向きにつきます。花期は5月〜7月とやや早めですが、いいタイミングで出会えると赤と白の対比と整った形を楽しめます。

花は下を向いて咲くのですが、果実が熟すころには、写真のように上を向きます。外側の赤くてふくらんでいる部分は、ガクです。うまく写せていませんが、どうにか赤っぽい毛があるのがわかるかと思います。実になっても落ちずに残っているものなんですね。

こんなに実が赤く熟すので、名前は「アカモノ(赤物)」といいます。由来に関しては、同じ仲間で白い実をつけるシラタマノキ(シロモノ)に対してアカモノというとする説と、「赤桃(アカモモ)」がなまってアカモノになったという説があるようです。また、別名を「イワハゼ(岩黄櫨)」ともいいますが、これは、岩場に生えることが多いことからきています。

【和名】アカモノ [赤物]
【学名】Gaultheria ovatifolia ssp. adenothrix
【科名】ツツジ科 ERICACEAE
【撮影日】2004/08/12
【撮影地】福島県南会津郡檜枝岐村


よく見ると写真には、自分の影が入ってしまっています。この日は熱中症気味で、予定していた登山をあきらめ、下の湿原の木道を歩いていたのですが、かなり日差しが強くて、ゼーゼー、ハァハァいっていました。アカモノの赤い実を見て、よっぽど食べてしまいたくなりましたが、ここは「尾瀬なんだ!」とひっしに思いとどまりましたよ。おいしいそうですよね〜。

posted by hanaboro at 20:06| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月03日

サンカヨウ

サンカヨウ Diphylleia grayi


サンカヨウは、国内では北海道と本州中国地方以北に分布していて、山地帯〜亜高山帯のやや湿り気のある林内に生える多年草です。草丈は30cm〜50cmほどで、花は5月〜7月、色は白色です。

この植物も見所の多い見た目の楽しい植物だと思います。まずは、春まだ浅いころに他の植物に先がけて展開する葉の形です。瑞々しくて傘を広げたような大きめの葉は、二又に分かれる茎に一枚ずつついています。この頃はまだ、春の光を浴びた他の春植物のような雰囲気もあります。葉が展開して大きくなってくると、中央部が深く切れ込んだ葉の縁にはふぞろいのギザギザ(鋸歯:きょし)が目立ち、破れた傘のような姿になります。

そしてやや標高が低めの生育地では、5月には花が見られるようになります。花は直径2cmほどで茎の先に5個〜15個程度つきます。6枚の真っ白な花弁、黄色の雄しべ、中央の黄緑色の雌しべ。その色の取り合わせはとても清々しい印象。その様子は、何だか破れた傘の上にきれいなかんざしがつけられているようです。

夏山登山の時期には、花はほとんど終わっていて代わりに果実(液果)が見られます。色は、青紫色で「ブドウ」のように表面は白い粉をつけたような感じになっています。実の大きさは長さ1cmぐらいで、茎の先に数個実っています。写真に写っている個体はどれも、しっかり受粉できなかったようです。青紫の実はちゃんとできていませんでした。

サンカヨウ。不思議な名前ですが、これは漢名からきたといわれています。「荷葉」は「ハス」のことだそうで、この植物の葉が「ハス」に似ているからつけられたといいます。ただし、これには異説もあるとか。その姿も名も謎めいた感じがしますしね。

【和名】サンカヨウ [山荷葉]
【学名】Diphylleia grayi
【科名】メギ科 BERBERRIDACEAE
【撮影日】2004/08/12
【撮影地】福島県南会津郡檜枝岐村

posted by hanaboro at 19:19| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月02日

オオバノヨツバムグラ

オオバノヨツバムグラ Galium kamtschaticum var. acutifolium


オオバノヨツバムグラは、日本では北海道、本州中部以北、四国に分布しています。夏の高山に登る途中、亜高山帯の針葉樹林の下でよくみられる多年草です。花期は、7月〜8月ですので、ちょうど夏山シーズン中に咲いています。ただ、草丈が5cm〜20cmと小さく、しかも数ミリの白っぽい花がポツポツとついているので、高山帯へ急ぐ登山では、目にとまりにくいかもしれませんね。

小さくて控えめな植物ですが、形としてはかなり特徴的なんです。輪生(茎の同じ高さから数枚ついて車輪のように見える)する4枚の葉に、線香花火のような小さい花と実。ちょうど写真には実が写っていますが、実には、短い毛が密生していて、その先はやわらかいフックのような形をしています。つまり「ひっつきむし」のしくみを持っているわけですね。実はこのまま落下するか、フックによって動物の体にくっついて運ばれるのでしょう。

道端や人里近くの草地など、もっと身近な場所では、同じ仲間の「ヤエムグラ」が見られます。これもやっぱり、実にフック状の毛が密生しているので、散歩中の愛犬の体にくっついてしまうこともあるかもしれませんね。

「エゾノヨツバムグラ(Galium kamtschaticum var. kamtschaticum)」とはよく似ていて、今のところ区別点は、葉の形と全体の大きさぐらいです。エゾノヨツバムグラの方が葉の幅が広くて先が丸く、全体としてはやや小さめです。両者を含めて、詳しい分布や形態の調査がされるといいなあと勝手に思うのでした。

【和名】オオバノヨツバムグラ [大葉の四葉葎]
【学名】Galium kamtschaticum var. acutifolium
【科名】アカネ科 RUBIACEAE
【撮影日】2004/08/12
【撮影地】福島県南会津郡檜枝岐村

posted by hanaboro at 20:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月01日

ゴゼンタチバナ

ゴゼンタチバナ Chamaepericlymenum canadense


ゴゼンタチバナは、国内では、本州中部以北と、四国の一部に分布していて、亜高山帯〜高山帯の林の下にみられる多年草です。北海道には近縁の「エゾゴゼンタチバナ(Chamaepericlymenum suecicum)」があります。

草丈は5cm〜15cmで、葉は4枚か6枚が茎に車輪のようについて、「輪生」しています。こんな小さい草なので、はじめて見たときはまさかこれが、「ミズキ科」の植物だなんて思いもよらず、すごくビックリしたものでした。それまでのミズキ科の植物の印象では、もっと大きな木本で、「ミズキ」、「ハナミズキ(アメリカヤマボウシ)」、「ヤマボウシ」などを思い浮かべていましたから。

ミズキ科だとわかってからもう一度よくみてみると、確かに葉っぱの形、葉脈が目立つところ、そして、花が「ハナミズキ」に似ていることがわかりました。ハナミズキは人気の高い花木で、秋には紅葉と赤い実も楽しめますよね。

「ゴゼンタチバナ」の花は、ごく小さくて花序の先に10個〜30個程度かたまって咲きます。ふつう花びらに見えている白い部分は、「総苞片(そうほうへん)」で4枚ついていて、ハナミズキをずっと小さくした感じがします。花期は6月〜7月です。8月になっても花が見られることもありますが、お盆をすぎると果実の方が断然目に付くようになります。果実(核果)は直径が5mmほどで、真っ赤に熟すととても美しいものです。ゴゼンタチバナもまた、花も実も楽しめる植物なんですね。

ゴゼンタチバナ Chamaepericlymenum canadense


一番上の写真の個体は花が終わって、4枚あったはずの白い総苞片はもう落ちてしまっています。果実はまだ赤くなっていませんでしたが、近くの他の個体は、2枚目の写真のようにかなり色づいていました。もしかしたら1枚目写真の個体は、受精がうまくいかなかったのかもしれません。

「ゴゼンタチバナ」という名前の「ゴゼン」は、最初に発見されたのが「加賀白山」だったことから、白山の最高峰の「御前峰」にちなんでいます。また、「タチバナ」は赤い実の美しいところが「カラタチバナ」に似ているところからきています。ちなみに、「カラタチバナ(Ardisia crispa)」は、ヤブコウジ科の植物で、「マンリョウ」によく似ています。実のつき方なんかは、「ゴゼンタチバナ」と違って、ぶら下がるようにつきます。

【和名】ゴゼンタチバナ [御前橘]
【学名】Chamaepericlymenum canadense
【科名】ミズキ科 CORNACEAE
【撮影日】2004/08/12
【撮影地】福島県南会津郡檜枝岐村

posted by hanaboro at 20:02| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。