2004年11月06日

オニノゲシ

オニノゲシ Sonchus asper


オニノゲシはヨーロッパ原産の帰化植物です。帰化したのは明治時代だそうですが、今はもういたるところで見られます。草丈は50cm〜1mほどです。ふつう図鑑などでは、「葉のギザギザ(鋸歯)の先に鋭いトゲがあって、さわると痛い」とあります。確かに標準的なものはそうなんですが、中にはギザギザやトゲがそれほど鋭くない個体もあって、在来種の「ノゲシ」と交雑してしまっているのではないかと思うことがあります。

「ノゲシ」は、葉がケシの葉に似ていることからきていて、「オニノゲシ」は、ノゲシに似て見た目が強そうなところから「オニ」とつけられたそうです。

オニノゲシの一番の特徴は、葉の形でしょう。羽状に切れ込んで、先にはトゲがあって、同じキク科のアザミのようにも見えます。葉っぱの付け根は耳のようになって茎を抱きこむ形で茎についています。このような状態を「耳状に茎を抱く」といいます。

花期は4月〜10月で、色は黄色です。ノゲシの花期が4月〜7月であるのと比べても、いかにも帰化植物的ですよね。

キク科の花は小さい花(小花)がたくさん集まって1つの花に見えていて、これを「集合花」といいます。そして小花には「舌状花」と「筒状花(管状花)」の2つのタイプの花があるんです。ふつう花びらに見える舌のような形の花が「舌状花」で、目立つ花びらのない筒状のものが「筒状花(管状花)」です。例えば、「ヒマワリ」の場合だと、周りの黄色い花びらのあるものが「舌状花」で、中央の茶色のものが「筒状花」です。ところが、同じキク科でも、両タイプの花があるとは限りません。オニノゲシの花はすべて舌状花からできているんです。

写真は、種子が実って綿毛が広がった状態です。綿毛はより広い範囲に種子を運ぶのにとても有効です。このオニノゲシの種が新たな生育地に旅立つのももうすぐですね。

茎を折ると中は中空です。折って確かめてもいいですが、折ると白い乳液が出ます。それがでてきてもOKな方は確かめてみてください。一応、トゲにはご注意!


【和名】オニノゲシ [鬼野罌粟]
【学名】Sonchus asper
【科名】キク科 COMPOSITAE
【撮影日】2004/11/05
【撮影地】東京都日野市

■なぜボロボロなのか。
「花図鑑のボロボロブログ!」では、いつも1つの記事に1枚だけ写真をのせて、1つの植物をご紹介しています。写真1枚を選ぶとき、ふつうならその最も美しく撮れた写真を選びますが、ここのブログでは、美しさはほとんど考慮されていません。したがって、とんでもなくお見苦しい写真が載ってしまうことがあります。例えば、今回の「オニノゲシ」ですが、本来は記事の一番上の写真よりも、下↓の写真が選ばれることが多いのです。

オニノゲシ Sonchus asper


これは、まだまともな方かもしれません。こういう感じの写真や写っている花たちを「ボロボロ」といいます。

posted by hanaboro at 20:25| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(1) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。