2004年11月09日

ベニバナボロギク(No.2)

一日前の記事「ベニバナボロギク」にいただいた知三朗さんと花鳥風月@gooさんからのコメントを見て、改めて、この植物の今を見つめてみようと思いました。葉や茎中心の内容になっていますので、花がないときに探す参考にしてもらえたらと思います。

ということで、もう一度「ベニバナボロギク」です。

前日の記事では、この植物の持つ歴史ゆえに切ない気持ちで書きましたが、今日はやっぱりこの植物は「帰化植物」なんだってことを、再確認しながら書いています。

ベニバナボロギク Crassocephalum crepidioides
夏の間咲いて、じゅうぶんにボロボロな姿を見せた後、上のほうは茶色になってもう枯れてしまったかに見えていた株が、下の葉の脇から芽を出して、さらに開花までしていましたよ。


ベニバナボロギク Crassocephalum crepidioides
それに草丈20cmぐらいの幼植物にもちゃんと蕾が見えていました。これならじゅうぶん冬までに開花を迎えられるでしょうね。


ベニバナボロギク Crassocephalum crepidioides
付近には、左の写真のようにもっと草丈の低い苗もありましたが、こちらも大丈夫なのかもしれません。この小さいものは、丈が5cmあるかどうかぐらいですけどね。


茎の色は、緑色に紫色が入ることがありますが、入る度合いには個体差があります。特に若い株だと毛がたくさん生えていて、白っぽく見えます。その毛は株が古くなると脱落してしまって、白っぽさはなくなるようです。

ベニバナボロギク Crassocephalum crepidioides
左は若い株の茎です。この個体の場合は特に葉柄の付け根あたりが紫色になっていて、他の部分にはランダムにところどころ紫のまだらが入っています。茎は円柱状ではなく角ばっていて、弾力性がある感じです。写真ではわからないですが、細かい毛がたくさん生えているんですよ。


ベニバナボロギク Crassocephalum crepidioides
株が古くなると茎の毛はなくなって、かなり色が濃くなるようです。もともと紫がたくさん入る個体だったからかもしれませんが、下部の葉の脇から出た新しい茎はあまり紫色になっていませんでした。


葉には毛がたくさん生えていて触ると、何だかモサモサ、ガザガザした感じです。柔らかさもありますが、見た目以上に厚みを感じます。見た目は葉がだら〜んとなっていて質が薄そうなんですが。

ベニバナボロギク Crassocephalum crepidioides
表面は濃く深みのある緑色で、中央の脈を中心に紫がかっています。特に葉柄の付け根付近にはたくさん毛が生えているので、角度によっては白っぽく見えます。


ベニバナボロギク Crassocephalum crepidioides
裏面は、個体によって違うようで紫色のこともあれば、ほとんど白いこともあります。といっても、左の写真では強引に葉をねじって横から葉の裏を写したので、よくわかりませんね〜。


ということで、11月9日現在少なくとも東京の多摩地域では、「ベニバナボロギク」はそれなりに芽生え生長し、開花もしていることのようですね。それにしても、「ベニバナボロギク」…たくましかった。その生命力の強さを垣間見た夕暮れでした。

【和名】ベニバナボロギク [紅花襤褸菊]
【学名】Crassocephalum crepidioides
【科名】キク科 COMPOSITAE
【撮影日】2004/11/05
【撮影地】東京都日野市

■当サイト内関連記事
ベニバナボロギク

■Trackback
詩的で楽しく絶妙な表現でその世界に引き込まれる素敵なサイト「図鑑:花鳥風月」さんの記事→「紅花襤褸菊

posted by hanaboro at 21:14| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。