2004年11月10日

オオアレチノギク

オオアレチノギク Erigeron sumatrensis


オオアレチノギクは、南アメリカ原産の帰化植物です。よく似た種類に「ヒメムカシヨモギ(Erigeron canadensis)」がありますが、花と茎を見るとだいたい区別できます。オオアレチノギクの場合、花びら(舌状花)がほとんど見えなくて茎には長く外に伸びる毛がたくさん生えています。それに対して、ヒメムカシヨモギは、小さいけれど花びらがしっかり見え茎の毛はまばらです。

両者は根生葉(ロゼット:地面にはりついて、バラの花のように葉を広げた状態)で越冬するので、この冬はぜひ、ロゼットの観察をしてみましょう。本格的な冬まで待たなくても、早い時期に出来た種子はすでに発芽しているので今でも見られますけどね。今なら種子が採種できるので、播いて芽生えを観察してもよいかもしれません。ただ、帰化植物をわざわざ育てるのもなんですし、花を咲かせるころには草丈1m〜2mぐらいになりますのでご注意!

花期は7月〜11月。横枝がたくさん長く上に伸びだして、さらにその枝は細かい枝がたくさんできて大きな円錐型の花序が出来ます。花序にはこれまたたくさんの花(頭花)がつき、種子も大量に出来ます。あまりの花数の多さに、数える気力を失いますね〜。相手は私よりでっかいときもありますしね。

1つの花(頭花)は、直径4mmぐらい、写真の綿毛(冠毛)の長さも4mmぐらいです。綿毛の色は真っ白ではなくて、薄い褐色です。特に見たくはないかもしれませんがその名のとおり、荒れ地で大群落を見ることができます。春先の若い苗の葉っぱのつき方や枝の張り方や色、新鮮な時期の花など、それなりに見所はあると思いますが、大きくなるにつれ、葉もうどんこ病にかかってきちゃなくなっちゃうし、旺盛な繁殖力からできる大群落はやっぱりやっかいものですよね〜。

【和名】オオアレチノギク [大荒れ地野菊]
【学名】Erigeron sumatrensis (Conyza sumatrensis)
【科名】キク科 COMPOSITAE (ASTERACEAE)
【撮影日】2004/11/09
【撮影地】東京都日野市

■Trackback
よく綿毛つながりでトラックバックしてくださるひなっぺたさんに、ようやく綿毛のトラックバックのお返しです。センスのいい温かみのあるお写真もいっぱいのブログ
ひなっぺた通信さんの記事「アザミのふわふわたち

posted by hanaboro at 19:23| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。