2004年11月19日

ホトトギス

ホトトギス Tricytis hirta


ホトトギスは、北海道、本州、四国、九州の山地に生える多年草です。茎はほとんど枝分かれせず30cm〜1mぐらいの長さになります。茎はまっすぐ上に立ち上がるのではなくて、よく斜面などから垂れ下がって伸びています。

花は8月〜9月、葉の脇(葉腋:ようえき)に1個か2個つきます。花が開く前の蕾のときはよくわからないのですが、バナナの皮をむくように花が開くと花びら(花被片)の内側に赤紫色の斑点がたくさんあって驚かされます。これは、この仲間にだいたい共通する特徴ですね。花の名前も、その斑点が鳥のホトトギス(不如帰)の胸の模様に似ているということからきているそうです。

ほかにもいろいろと種類があって、黄色い花を咲かせるものもありますが、このホトトギスとよく似ている日本の野生種は、「ヤマジノホトトギス」と「ヤマホトトギス」ではないでしょうか。よく似てはいますが、この3種類は花が咲いていれば、比較的簡単に見分けることができます。

そこで、花びらに見える部分(花被片)に注目します。バナナの皮をむいたときのように花被片がだら〜んと垂れ下がっていたら(反り返っていたら)、「ヤマホトトギス」です。花被片が水平だったら、「ヤマジノホトトギス」。花被片が斜め上を向いていたら、「ホトトギス」です。

写真は、ホトトギスの果実ができはじめている状態で、花被片はまだ落ちずについています。中央に見える黄緑色の若い果実の上には、雌しべも残っています。雌しべの先は深く三つに分かれて、さらにその先はそれぞれ二つに浅く裂けます。写真では三つにわかれるところまでしかわかりませんが、ポツポツと突起のようなものがついているのが見えます。

ここでは花も終わっていて部分的にしか観察できませんでしたが、ホトトギスは雄しべの様子もとてもおもしろいので、次回どこかで見つけたときには、じっくり観察してみてくださいね!

【和名】ホトトギス [杜鵑草]
【学名】Tricytis hirta
【科名】ユリ科 LILIACEAE
【撮影日】2004/09/16
【撮影地】山梨県山中湖村

posted by hanaboro at 19:04| 東京 ☔| Comment(10) | TrackBack(2) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。