2004年11月27日

イヌタデ

イヌタデ Persicaria longiseta


イヌタデは、日本全土の田畑、道端や荒れ地などでふつうに見ることができます。草丈はふつうだと20cm〜40cmぐらいの一年草です。似たような種類には、オオイヌタデ、サナエタデ、ハルタデ、ハナタデなどがありますが、見分ける最大のポイントは、「托葉鞘(たくようしょう)」の状態ではないでしょうか。

「托葉鞘」…少々難しそうな言葉ですので、まず、「托葉」から説明します。托葉は、葉の柄が茎についている部分(葉柄の基部)にある葉のようなものです。植物の種類によって大きさもさまざまで、形もトゲ状、巻きヒゲ状、 鱗片状だったりといろいろです。とくに、スミレ類の観察では必須のチェックポイントとなっていますね。

その托葉が、タデ科の場合、鞘(さや)のようになって茎をつつむ形になります。それで、「托葉鞘」といいます。イヌタデの托葉鞘は筒形になっていて、筒の長さは8mmぐらいです。そして筒の上部(筒の縁)には筒と同じくらいの長さの長い毛が生えています。

アスファルトの歩道のでこぼこにわずかにできた土壌、そこに生えた1株。丈は2cm。すでに赤紫色の蕾を膨らませています。すでに草刈が行われた斜面のすぐ近くだから、夏の間に咲いた株にできた種から芽生えたものかもしれません。こんなに小さくてもイヌタデの特徴である「托葉鞘の縁の剛毛」がちゃんとありましたよ。

別名は、小さくて赤いツブツブの花を赤飯に見立てて「アカマンマ」といって、子どものままごとの遊びになるくらいですから、やはりその花に目がいきますけれど、ぜひ今度は「托葉鞘」をチェックしてきてください。ちなみに、うちは子どものころにこれで遊んだ記憶はありません。みなさん遊んだものなんですか〜?

ちなみにイヌタデの「イヌ」は、似ているけれど違う、役に立たないという意味の接頭語です。植物の名前には「イヌ」とついているものがたくさんあります。「イヌ」がつい種類はだいたいよく似たほかの種類が有用なもので、それに比べてこの種類は役に立たないということで、そう呼ばれてしまっていますね。イヌタデの場合も同じ仲間の「ヤナギタデ」の葉には独特の辛味があるのに対して、イヌタデには辛味がないことからきているそうです。

図鑑によって学名はPolygonum longisetumだったり、Persicaria longisetaだったりしますが、はじめはPolygonum属だったものが、あとからPersicaria属に変更になったからです。Polygonum属のときは、タデ科の植物の多くを広く含んだ形でしたが、より細かく分類してPersicaria属となったようです。「longiseta」は、このままでは辞典に載ってないので、恐らく「longius→より長く」+「seta(saeta)→剛毛」という感じで、その「托葉鞘」の特徴からきているのではないでしょうか。

【和名】イヌタデ [犬蓼]
【学名】Persicaria longiseta (Polygonum longisetum)
【科名】タデ科 POLYGONACEAE
【撮影日】2004/11/23
【撮影地】東京都日野市

■Trackback
一億人が集まるブログ」さん→生活・趣味A

posted by hanaboro at 19:12| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 芽生え・幼植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。