2004年12月08日

ヤエムグラ

ヤエムグラ Galium spurium var. echinospermon


ヤエムグラは、日本全土の道ばた、草地、林の縁などにふつうに見られる一年草〜越年草です。春の畑などでは防除対象となる代表的な雑草の一つです。茎には4つの角(4つの稜)があって、その稜にそってたくさんトゲが生えています。トゲが周りのものに引っかかりながら伸びていくので、見た目の草丈以上に茎は長く伸びています。特に根元の方ではよく枝分かれするようで、生えている場所ではヤエムグラが他の草とともに生い茂ったような状態になることがあります。このように幾重にも重なって生える様子からその名前がついています。

ヤエムグラは秋に芽生えて冬を越す場合と春になって発芽する場合があります。写真は秋に芽生えたもので、丈は10cmほどです。春の葉が細長い形をしているのに対して、冬に見られる葉は小さく丸っこい形をしています。このように小さいながらも葉の面積を広げているのは、冬の間、太陽の光を効果的に取り入れるためだといわれています。

葉は、6枚〜8枚が茎の節を囲むように車輪状につきます。このような葉のつき方を「輪生(りんせい)」といいますが、このうち本来の葉は2枚だけで、他の葉は「托葉(たくよう)」という葉のような形をした付属物です。といっても、ヤエムグラの場合見た目には形や大きさにほとんど違いはありません。葉の縁や裏の中央の脈(主脈)にも毛が生えていて、これもよく引っかかります。はびこってしまうと厄介な雑草です。さらに実にまで毛が生えていて先はカギ状になっています。実はこの毛によって動物の体や人の衣服にくっつきます。いわゆる「ひっつき虫」です。

【和名】ヤエムグラ [八重葎]
【学名】Galium spurium var. echinospermon
【科名】アカネ科 RUBIACEAE
【撮影日】2004/12/08
【撮影地】東京都日野市

posted by hanaboro at 19:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芽生え・幼植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。