2004年12月11日

エノコログサ

エノコログサ Setaria viridis var. minor


エノコログサは、日本全土の道ばたや畑、空き地などにごくふつうに見られる一年草です。フサフサした花穂のようすを子犬のシッポに見立てて、「エノコログサ」といいますが、別名の「ネコジャラシ」という名前でもおなじみです。

草丈はふつうだと30cm〜70cmぐらいになります。花期は8月〜11月、茎の先に3cm〜6cmの花穂を出し、緑色の「小穂(しょうすい)」をびっしりつけます。小穂というのは、簡単にいうと穂についているツブツブのことです。ちょっと難しめにいうと、「小花」がいくつか集まって「包頴(ほうえい)」という一番外側の鱗片状のものに包まれたもののことです。

さらにイネ科の「小花」というのは、「護頴(ごえい)」、「内頴(ないえい)」、「鱗皮(りんぴ)」、「雄しべ」、「雌しべ」を含めたものをさしています。小さなツブツブですけれど、いろいろと複雑な構造をしているものなんですね。観察するにはルーペが必要です。特殊な用語もいろいろ出てきますので、なかなか難しいところかもしれませんね。

エノコログサの小穂は1つの小花からできているように見えますが、実際は2つの小花からできていて、下にある小花は退化して護頴だけになっています。小穂の基の部分からは長い剛毛が出ますが、これがフサフサの毛の部分なんです。この剛毛の色が紫褐色になるものを特に「ムラサキエノコログサ (Setaria viridis var. minor f. misera)」ということもあります。小穂が落ちた後も剛毛は残るので、冬の間もすっかり枯れて白っぽくなったネコジャラシを見かけることがあります。

写真に写っている個体は、草丈3cmぐらいです。このところの陽気で芽生えたものなのでしょうか、一応、花穂ができています。小穂は数個だけ、剛毛も何本かショボショボと伸びているだけですし、結実までいくかどうかはわかりません。でもなかなかの生命力の持ち主ですね。周囲には一度は枯れかけたような株でも、再び生育をはじめたらしく花穂をつけているものがちらほら見られます。

【和名】エノコログサ [狗尾草]
【学名】Setaria viridis var. minor
【科名】イネ科 POACEAE
【撮影日】2004/12/08
【撮影地】東京都日野市

posted by hanaboro at 18:48| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 芽生え・幼植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。