2004年12月20日

モミジバスズカケノキ

モミジバスズカケノキ Platanus x acerifolia


「モミジバスズカケノキ」…この名前よりも「プラタナス」といった方がおなじみでしょうね。もともと「プラタナス」というのは1つの樹種をさすのではなく、この仲間の総称でモミジバスズカケノキもプラタナスの一種です。

プラタナスは国内の自生種ではなく、明治の終わりごろ持ち込まれて公園や街路に植えられるようになったそうです。現在、日本に植えられているプラタナスはだいたい「スズカケノキ (Platanus orientalis)」「アメリカスズカケノキ (Platanus occidentalis)」「モミジバスズカケノキ (Platanus x acerifolia)」の3種類だと考えていいようです。これら3種を見分けるポイントは、樹皮、葉の形、果実の数です。

スズカケノキはアジア西部〜ヨーロッパの原産で樹皮ははがれてまだら模様、葉は掌状に5〜7個に中裂します。プラタナスの果実はたくさんの果実が集まって1つの球状の集合果になります。集合果は直径3.5cmほどです。スズカケノキは1つの柄(果軸)に3個〜5個の果実がつきます。

アメリカスズカケノキは北米の原産で樹皮は暗茶褐色で縦に割れ目が入り、はがれてまだらになるという感じではありません。葉は3〜5個に浅く切れ込みます。果実は1つの柄(果柄)に1つです。

モミジバスズカケノキは「スズカケノキ」と「アメリカスズカケノキ」の交配種で、学名にはPlatanus x acerifoliaのほか、Platanus x hispanicaとなっていることもあります。見た目はスズカケノキとアメリカスズカケノキのだいたい中間的なものとなります。樹皮ははがれてまだらになり、葉は3〜5裂しますがアメリカスズカケノキよりは深く切れ込み、果実はほとんどが1つの柄に2個〜3個で、時折1個や4個のときがあります。

スズカケノキという名前は、丸い球状の果実が鈴のようにぶら下がっているところからきています。

花はいずれも4月〜5月で、15m〜35mぐらいまでなる落葉高木です。これから春になるまで、葉のなくなる落葉樹ですが、樹肌や冬芽、葉痕にもそれぞれ個性があるものです。春までの間、こういうところも観察してみてはいかがでしょうか。もし果実や葉がまだ残っていたら、公園などのプラタナスがどの種類なのか調べてみてもいいかもしれませんね。

【和名】モミジバスズカケノキ [紅葉葉鈴懸の木]
【学名】Platanus x acerifolia
【科名】スズカケノキ科 PLATANACEAE
【撮影日】2004/11/23
【撮影地】東京都日野市

■3種の見分け方のポイント
スズカケノキアメリカスズカケノキモミジバスズカケノキ
はがれてまだら暗茶褐色で縦に割れ目はがれてまだら
5〜7個に中裂3〜5個に浅裂3〜5個に中裂
果実3個〜5個果実1個果実2個〜3個


posted by hanaboro at 15:09| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 樹皮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。