2004年12月22日

スイセン

スイセン Narcissus tazetta var. chinensis


国内で野生化しているスイセンは、もとは地中海沿岸が原産地で、古い時代にシルクロードを経て日本へ入ってきたものといわれています。この各地で野生化している1本の茎に数個の香りのある花をつけるスイセンは「ニホンスイセン」または「ニホンズイセン」です。現在は関東以西、四国、九州の主に海岸部に多くみられ、早春の代表的な花の1つとして定着し、群生地は観光の名所ともなっています。

個人的によく思い出すのは、真冬の日本海と北風の中でも凛として咲くニホンスイセン、雪も少し積もっているという構図。どちらかというと春というよりは冬の花だというイメージです。とはいうもののニホンスイセンの一般的な花期は11月〜4月とかなり長い。暖かい地方なら年内に開花するのは珍しいことではないですし、もちろん春にも見られます。とくに気温の低い時期に咲いたものはかなり花持ちもよくて長く楽しめます。

いわゆる「スイセン」の園芸品種はとても数が多いのですが、植物分類学的な分け方とは別に、花の形などによって園芸的な分類がなされています。例えば、ラッパ、大杯、小杯、八重咲き、トライアンドラス系、シクラミネウス系、ジョンキル系、タゼッタ系、ポエティクス系、野生種、スプリットコロナなどの区分があります。ニホンスイセンはこのうちタゼッタ系(あるいは房咲き水仙)に入ります。

葉は20cm〜40cmの細長い線形で平たく白い粉をふいたようになります。その葉の間から花茎が伸びてきて、数個の花を横向きに咲かせます。花の直径は2.5cm〜4cmほどです。白く花びらのように見える部分は「花被片(かひへん)」といい、6個に分かれているように見えますが、もとの部分ではくっついて(合着して)いて筒状になっています。そののどの部分に黄色で杯形のカップがついていて、これを「副花冠(ふくかかん)」といいます。

【和名】スイセン [水仙]
【学名】Narcissus tazetta var. chinensis
【科名】ヒガンバナ科 AMARYLLIDACEAE
【撮影日】2004/12/16
【撮影地】東京都日野市

posted by hanaboro at 19:28| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(2) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。