2005年01月25日

オトコエシ

オトコエシ Patrinia villosa
2004/10/07 東京都

オトコエシは、北海道、本州、四国、九州に分布し、山野の日当たりのよい場所にふつうに生えています。秋の七草の1つとしてよく知られている「オミナエシ(女郎花 Patrinia scabiosaefolia)」と同じオミナエシ科オミナエシ属の植物です。草丈は50cm〜1m程度になります。葉は対生してつきますが、羽状に分裂したり、しなかったりです。長さは下部の葉で15cmほどですが、上部になるにつれてだんだん小さくなっていきます。

花期は8月〜10月。花冠の先は5つに裂けて下部は短い筒になっています。4本雄しべと1本の花柱、小さいですがなかなか整った形をしています。図鑑ではだいたい「花は直径4mmほどの白色で、散房状(さんぼうじょう)の花序にたくさんつきます」などと書いてあると思います。「散房状」というのは、ちょっと難しく聞こえますが、まず、散房花序という形を覚えるとわかりやすくなります。ということで、ちょっとだけ花序についてです。

花のつく花序の中心となる軸を花軸といって、その花軸から花柄を出してその先にそれぞれ花がつきます。そのとき、花軸の下の方から出た花柄ほど柄が長く、上から出たものほど花柄が短い場合、花が咲く位置がだいたい同じくらいの高さになります。そうすると、花がちょうど平らに咲きそろうような状態になります。これを「散房花序」といいます。オトコエシは完全な散房花序ではないもののそれに近いような形だと思ってくださいませ。

花が終わると小苞が大きくはり出してきて果実を取り囲んで、翼のようになります。この小苞はオミナエシにはできないので、オトコエシのオリジナルって感じですね。写真では翼の部分は白っぽく写っていて、薄い緑色の粒のようなものが果実です。果実の長さは3mmほど、翼をあわせると6mm程度です。

オトコエシ Patrinia villosa
2004/11/28 山梨県

茎の根元から横にはう枝を出して新しい株ができます。また、種子は翼のような小苞があるので風によって散布されます。2枚目の写真はもう晩秋のころで、すっかり今年度の地上部は枯れていました。花序に残っているものにはほとんど種子はなく、小苞の残骸がついているだけです。

種小名の「villosa」は軟毛のあるという意味ですが、葉の縁に白い毛が生えていることや、特に茎の下部に毛がある点に注目してつけられたのでしょう。オミナエシよりも毛が多いです。

名前は、オミナエシに比べて、茎が太くより強て丈夫そうに見えるところからきているといいますが、花が咲いている時期は必ずしもそうだとは感じないこともありますね。比較的大きな個体の花が終わった後、果実が大量にできて花序がでっかい緑色の塊になっている様子を見ると、そういった印象もありますけど。。。

【和名】オトコエシ [男郎花]
【学名】Patrinia villosa
【科名】オミナエシ科 VALERIANACEAE
【撮影日】2004/10/07、2004/11/28
【撮影地】東京都日野市、山梨県富士吉田市

posted by hanaboro at 19:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハマヒルガオ

ハマヒルガオ Calystegia soldanella


ハマヒルガオは、日本全土の海岸の砂地に生えるつる性の多年草です。日本以外でも世界中の温帯〜熱帯の海岸に広く分布しています。他の植物などがない場合は茎は砂の上をはって伸びますが、何かつかまるものがあれば巻きついてさらに伸びたりしています。地下茎を発達させてふえるので、大群落となることもしばしばです。葉は分厚くて光沢があって、丸まったようなハート形です。長さ幅ともに2cm〜5cmほど。図鑑などではこういう形を基部の方が心形になった腎円形などといったりします。

海岸の砂地で生育する植物ということで、ふつう植物の生育にとって厳しいといえる環境に適応したしくみをやはり持っています。葉が分厚く光沢があるのは、「クチクラ」という透明で強い膜状の構造が発達しているためで、水分の蒸散を抑え乾燥や塩害を防ぐといいます。砂の動きが激しい場所で生育するためには地下茎の発達も重要です。

主な花期は5月〜6月、葉の脇(葉腋)からピューッと花柄が伸びてピンク色の花が1つの花柄に1つ咲きます。いわゆる「アサガオ」と同じような形の漏斗形の花冠で、白いすじが5本あり、直径は5cm程度です。葉の広がっている高さより花柄が長く伸びるので、花は葉よりも上に開くので、さらによく目立ちます。同じヒルガオ属の野生種には「コヒルガオ (Calystegia hederacea)」や「ヒルガオ (Calystegia japonica)」があって、これらは道ばたなど日当たりのよう場所によく見られます。ヒルガオ属はいずれもガクの根元の部分から大きめの苞が2枚出ていて、それが苞を包み込むような状態についています。花の色は、多少の濃淡はありますが、コヒルガオやヒルガオよりハマヒルガオの方が濃いめです。花時期の群生地はとても見事なお花畑となります。

【和名】ハマヒルガオ [浜昼顔]
【学名】Calystegia soldanella
【科名】ヒルガオ科 CONVOLVULACEAE
【撮影日】2004/09/21
【撮影地】静岡県新居町

■当ブログ内関連記事
ヒルガオ
コヒルガオ

posted by hanaboro at 13:24| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(1) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。