2005年02月01日

ツワブキ

ツワブキ Farfugium japonicum


ツワブキは、本州(太平洋側では福島以西、日本海側では石川以西)、四国、九州、沖縄の海岸近くの岩場や崖などに生える多年草です。草丈は花時期で30cm〜70cmほどになります。冬でも地上に葉を出していて、光沢がありツヤツヤしているので「ツヤブキ(艶蕗)」と呼ばれていたものが、「ツワブキ」となったといいます。

展開する前の若い葉は巻き込まれた状態で、褐色の綿毛が密生しています。若い葉柄にも褐色の綿毛が密生していますが、これを佃煮にしたものを「キャラブキ」といいます。「フキ(蕗 Petasites japonicus)」も同じように佃煮にしますが、ツワブキとフキは別属に分類されています。フキは雌株と雄株が別の株(雌雄異株)で、両性花は結実しません。また、葉がフキに似ている「ノブキ (Adenocaulon himalaicum)」という種もありますが、こちらは中心部の両性花は結実せず、周辺の雌花のみ結実し冠毛のない種子ができます。

黄色の花はよく映え、花の少なくなる時期に咲くことや、濃い緑で艶のある葉は常緑で、日陰でもよく育つことでも好まれ、よく庭に植えられています。いろいろと園芸種も栽培されていて、例えば葉の縁が縮れる「ボタンツワブキ」、舌状花のみの「ヤエツワブキ」などがあります。

花は10月〜12月。花は直径5cmほどで、細長い黄色い花びらに見えるのは雌性の舌状花です。中央部分にはたくさんの筒状花があって、これは両性花です。両性花は外側にあるものから咲き始め、徐々に中央部へと開いていきます。ツワブキの場合は舌状花も筒状花も両方とも結実します。さらに、花の下の部分は全体としては幅の広い筒形になっていて、「総苞」といいます。総苞の部分には1つ1つはちょっと分厚くて先がとがった細長い総苞片がきれいに1列に並んでいます。

ツワブキ Farfugium japonicum撮影地は関東の丘陵地で、写っている個体は自生のものではありません。ヒマラヤスギの株元にひっそり生えていました。ここでは2004年、11月ごろ開花していました。現在は花はすでに終わっていて、冠毛が広がって種子を飛ばすころなんですが、どうも様子がおかしいですね。枝分かれしたほとんどの花茎は弱々しく垂れ下がってしまっています。まだ、種子はあまり飛ばされていないようですが。。。


写真の場所はあまり肥沃なところではないので、株も小さめです。葉は長さ幅ともに20cm程度です。生育のよいものだと40cmくらいにまでなります。写真の株は斜面に生えていて上からしか近づけず、むこう向きに伸びているし腕を伸ばしてやっと撮影。寒くて、体は硬直。もう少しで転がっていってしまいそうでしたね。。。

ツワブキ Farfugium japonicumツワブキ Farfugium japonicum


種子にはちょっと濁った感じの渋めの綿毛(冠毛)ができます。この冠毛によって風に乗り種子が散布されます。左の写真は反り返って黒くなった総苞片しか残ってなく、もうすでに種子が飛ばされた後のようです。右は冠毛が広がってちょうどこれから種子を飛ばす準備ができたところでしょう。また、このように種子で繁殖するほか、地下茎でも繁殖します。地下茎からは春になると芽が伸びてきます。

【和名】ツワブキ [石蕗]
【学名】Farfugium japonicum
【科名】キク科 COMPOSITAE
【撮影日】2005/01/27
【撮影地】東京都日野市

■Trackback
ひなっぺた通信さんの記事「■ツワブキの綿毛」にトラックバックさせていただきます。
寒い時期でもとてもあたたかそうなツワブキがかわいいですよ。当ブログでは寒々としたツワブキになってしまいましたが、ぜひひなっぺたさんのツワブキの綿毛であたたかくなってください。

■当ブログ内関連記事→ノブキ

posted by hanaboro at 17:23| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(2) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。