2005年02月12日

ウバメガシ

ウバメガシ Quercus phyllyraeoides


ウバメガシは、国内では、本州の関東以西の太平洋側、四国、九州、沖縄の主に暖地の海岸近くの山地などに分布している常緑低木または常緑高木です。生け垣などによく利用されるほか、備長炭の原料にもなっています。

花期は4月〜5月、雄花と雌花が別々の位置につきます。雄花の方は本年枝の下の方について、長さ2cm〜3cmの穂状の花序になって垂れ下がります。雌花の方はより上の方の葉の脇に1つか2つ上向きについて、直径1mmほどのごく小さいものです。雌しべの柱頭は3本です。

ブナ科コナラ属の植物で、秋にはいわゆる「ドングリ」ができますが、ちゃんとしたドングリとして成熟するのは花の咲いた翌年の秋です。

ウバメガシ Quercus phyllyraeoidesウバメガシ Quercus phyllyraeoides


特に若い葉の裏には「星状毛(せいじょうもう)」という星のような形をした毛があります。この星状毛はふつう生長とともになくなっていくのですが、中にはそれがずっと残っているものがあります。それで、ずっと星状毛が残るタイプを特に「ケウバメガシ (Quercus phillyraeoides f. wrightii)」ということもあります。ケウバメガシの方がはじめから生えている毛の量が多いようで、かなり密生して生えるので葉の裏が真っ白に見えます。

小さい写真の左側は、比較的若い葉の表側なんですが、表にもまばらに星状毛があるようですね。まったくもってダメな写真ですけど、小さくてツブツブしたものが、何となく見えますか。ちょっと大きくなった葉には、このツブツブが見えなかったので、表面の毛は結構早めになくなってしまうのでしょうね。

葉の質は厚く堅いもので表面には光沢があります。長さは3cm〜6cmの広い楕円形、縁にはにぶいギザギザ(鋸歯)があって、互生します。もともと、ウバメガシが生育する場所は、海岸近くの保水性が低く乾燥する場所や海からの強い潮風を受ける厳しい環境だったりします。そのために、堅く丈夫な葉をつけて適応しているのでしょうね。

冬芽は長さ3mm〜5mmで、茶褐色。小さい写真の右側が冬芽の部分です。やや茶色みを帯びた薄緑色の光沢のある葉が目立つので、冬芽は葉にかくれたような枝先を探して見ないと、目に入らないような小さなものですね。また、若い枝にも淡い褐色の星状毛が密生しています。樹皮は灰色で古い木になるほど縦に深く割れ目が入ります。

和名の由来は、若い芽が茶色っぽい色なので、おばあさんや馬の目の色に似ているということからきているのだとか。

【和名】ウバメガシ [姥目樫]
【別名】イマメガシ、ウマメガシ [馬目樫]
【学名】Quercus phyllyraeoides
【科名】ブナ科 FAGACEAE
【撮影日】2005/02/04
【撮影地】東京都日野市(植栽)

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 14:58| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。