2005年02月14日

アカメガシワ

アカメガシワ Mallotus japonicus


アカメガシワは、国内では本州、四国、九州、沖縄の山野に生える落葉高木です。とても生長の早い木で伐採跡地などでいち早く生えてきます。葉は長さ10cm〜20cmくらいで互生してつき、形は先がスーッと尖った卵をひっくり返したような形(倒卵形)〜、三角形に近いような形や先のほうが3つに浅く裂けたような形などちょっと変異があります。

昔はアカメガシワの葉を食べ物をのせる物として「カシワ」と同じように使っていたそうで、新芽のときは赤く色づくので「赤芽槲」というのだとか。赤く色づいた様子は、なるほど「ポインセチア」と同じトウダイグサ科の植物なんだな〜と思ったりもします。花は7月ごろに枝先に円錐状の花序を出してたくさん咲きますが、このころにはもうほとんど葉の美しい赤色はなくなってしまっているので、それと気づかないかもしれません。

葉は秋には黄色になって落葉します。その後、冬の間に見られる冬芽はちょっと、新芽のころのイメージとは様子が違っています。冬芽は裸芽(らが)で、葉脈が見えるんですよね。色も新芽が展開してくるころのように赤くてきれいって感じではありません。

アカメガシワ Mallotus japonicusアカメガシワ Mallotus japonicus


ところで、「裸芽」というのがちょっと聞きなれないかもしれないので、ちょっとだけ説明です。

「裸芽」というのは「鱗芽(りんが)」に対する言葉です。そこで、例えば、冬越し中の樹木の冬芽を観察したときに、何枚かの鱗のような形の皮のようなもの(これを芽鱗といいます)に包まれた芽を見つけることがあります。このように芽鱗に包まれた芽が鱗芽です。それに対して「裸芽」というのは、芽鱗に包まれていない芽のことをいいます。

アカメガシワの場合、特に一番てっぺんにつく芽(頂芽)は、特に発達して大きく、頂芽より下につく芽(側芽)は、丸っこい形をしています。さらに、褐色の星の形のような毛(星状毛)がびっしりと生えているので、何となく太くごわついた感じの茶色っぽい芽に見えます。

写真の頂芽はもうすでに少し開いてきていて、葉脈もはっきりわかります。また、冬芽のすぐ下あたりを見ると、何やら丸いあとがあります。これは葉がついていた痕跡で、「葉痕(ようこん)」といいます。アカメガシワの場合は、葉痕が丸くて大きめなので、比較的よく目立ちます。さらに、丸い葉痕の縁に沿って点々がたくさんついているのも見えますが、これは「維管束痕(いかんそくこん)」です。つまり、葉と枝の間での水や養分などの通り道となっていた管のあとが残っているというわけです。

【和名】アカメガシワ [赤芽槲]
【学名】Mallotus japonicus
【科名】トウダイグサ科 EUPHORBIACEAE
【撮影日】2005/02/13
【撮影地】東京都多摩市

■Trackback People : 身近な生き物

posted by hanaboro at 18:49| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 冬芽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒメリンゴ

ヒメリンゴ Malus prunifolia


ヒメリンゴは、バラ科リンゴ属(Malus)の落葉低木〜小高木です。庭木や盆栽としてよく栽培されている樹木なんですが、その正体はやや定かではないところがあるようです。図鑑での取り扱いは、国内では北海道と本州中部以北に分布する「エゾノコリンゴ(Malus baccata var. mandshuria)」と中国原産の「イヌリンゴ」の雑種となっている場合と、ヒメリンゴの別名が「イヌリンゴ」あるいはイヌリンゴの別名としてヒメリンゴがあげられている場合があります。 雑種とした場合の学名は「Malus×cerasifera」、イヌリンゴの学名は「Malus prunifolia」となっているようです。

花は、5月〜6月。蕾はそれなりに濃いピンク色で、蕾から開いてすぐのころは、特に花弁の縁あたりが淡いピンク色ですが、咲き進むにしたがって真っ白になります。雄しべは多数あって、5枚の花弁のとても清々しい花です。

*「はなだより」のWAKAさんのご好意で、今回は咲いているヒメリンゴのお写真をお借りして掲載させていただいています。WAKAさん、どうもありがとうございます。真っ白で気持のよい花ですよね。


*大きめのお写真でもどうぞお楽しみください。
ヒメリンゴの花(別窓で開きます)
*(C) WAKAさん
ここで、掲載&リンクさせていただいているヒメリンゴのお花のお写真の著作権は、WAKAさんにあります。当ブログからの複写、転載等はご遠慮くださいませ。

果実は、リンゴを小さくしたような直径1cmほどの球形で、熟すと最終的には濃い暗い紅色になります。一応、食べることはできますが、酸っぱくて美味しいといえる感じではありません。お酒につけてリンゴ酒にする方がよさそうですが、それも果実が堅めなので、一般的な果実酒より漬け込む時間がかかるかもしれませんね。

ヒメリンゴ Malus prunifolia
冬芽
ヒメリンゴ Malus prunifolia
樹皮


一番上の大きい写真は、地面に落ちてしまった果実です。色はかなり濃くなっています。この写真を撮っている間、上方からはヒヨドリの叫び声が、いえ鳴き声が。。。特にこの実をねらっているというわけではないでしょうけどね。何となく縄張りを主張された気がしたので、早々に退散です。

ちょっとずつ数は減っていますが、2月半ばの現在でも、まだ枝に果実が残っています。

【和名】ヒメリンゴ [姫林檎]
【別名】イヌリンゴ [犬林檎]
【学名】Malus prunifolia (Malus×cerasifera)
【科名】バラ科 ROSACEAE
【撮影日】2005/02/04
【撮影地】東京都日野市

■Trackback !
→*「はなだより」さんの記事「ヒメリンゴの剪定」にトラックバックさせていただきます。花つき、実つきをよくするための重要な作業である剪定の仕方がわかりやすく解説されています。

→*「フォト日和」さんの記事「ヒメリンゴ?」にトラックバックさせていただきます。青空に映えてかわいいヒメリンゴのお写真が見られます。他にも美しい写真が満載ですよ。

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 11:56| 東京 ☁| Comment(13) | TrackBack(3) | 冬芽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。