2005年02月15日

アキノキリンソウ

アキノキリンソウ Solidago virga-aurea subsp. asiatica


アキノキリンソウは、北海道、本州、四国、九州の山野に生える多年草です。日当たりのよい場所を好むようですが、明るめの林床なら、それなりに花もつけます。北アメリカ原産の帰化植物「セイタカアワダチソウ (背高泡立草)」も同じアキノキリンソウ属の植物です。

花期は8月〜11月。草丈は30cm〜50cmほどで、大きいものでは80cmくらいまでなります。花序の形には変異があって、上部にかたまってつく場合と、縦に長くまばらにつく場合があります。パッと見た感じだけでは、高山型の「ミヤマアキノキリンソウ」との区別が難しいこともあります。そこで、花の細かい部分を見て区別することもありますが、それもなかなか容易ではないかもしれません。

花(頭花)は黄色で、直径は1cmちょっと、いわゆる花びらのある「舌状花」と中央部の「筒状花」があります。花の下の部分は筒状になっていて、黄緑色をしています。この部分を「総苞」といって、いくつかの「総苞片」とよばれるものが並んでいます。キク科植物では、よくこの総苞片の形状が分類形質となるので、キク科の花を見たら花びらの下も見るようにするといいと思います。

そこで、その総苞片で見分ける場合、アキノキリンソウでは「4列で先がとがらない」、ミヤマアキノキリンソウでは「3列で先がとがる」という点などで区別します。

花が終わった後、種子ができて銀色に輝く冠毛(綿毛)が目立つころには、すでに根もとには新しい葉ができています。その葉はそのままロゼット状となって越冬します。写真に写っているのがその越冬中の根生葉です。写したのが曇りの日だったので、葉の色もより暗めになっていますが、実物もかなり濃く暗めの緑色でした。全体的に白っぽい毛がたくさん生えていて、葉柄や葉裏の主脈の部分には特に密生していました。

アキノキリンソウ Solidago virga-aurea subsp. asiatica


茎は細長いものですが、丈夫にできているようで、越冬中も、かなり長い期間立ち枯れた状態で茎が残っています。じつは今回も、立ち枯れた茎を見て、きっとそうだと近づいてみたら、根元に根生葉がありました。しかし、この根生葉は、だいたい花が咲く前には枯れてしまいます。背の高くなった株では茎の下部の葉から枯れ上がっていることも多いです。

伸びてきた茎につく葉(茎葉)はもっと細長くて長さ8cmぐらい。付け根の方は細くなって葉柄に流れる感じになります。いいかえると、葉柄の部分にはごく幅の細いものですが、翼のようなものがあるんです。

【和名】アキノキリンソウ [秋の麒麟草]
【別名】アワダチソウ 
【学名】Solidago virga-aurea subsp. asiatica
【科名】キク科 COMPOSITAE
【撮影日】2005/02/13
【撮影地】東京都多摩市

■当ブログ内関連記事
ミヤマアキノキリンソウ
セイタカアワダチソウ

■Trackback People : 身近な生き物

posted by hanaboro at 19:47| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ロゼット図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハナゾノツクバネウツギ

ハナゾノツクバネウツギ Abelia grandiflora


「アベリア」というのは、本来はツクバネウツギ属(Abelia)の属名ですが、一般的には中国、台湾原産の野生種をもとに作られた園芸種群、または、その中の主に「ハナゾノツクバネウツギ (Abelia x grandiflora)」をさしていうことが多いようです。このハナゾノツクバネウツギは中国原産の「シナツクバネウツギ (Abelia chinensis)」と「ユニフローラ (Abelia uniflora)」の交配種ということです。

同じ仲間の野生種は日本にも数種が分布しています。例えば、「ツクバネウツギ (Abelia spathulata)」、「オオツクバネウツギ (Abelia tetrasepala)」「コツクバネウツギ (Abelia serrata)」などです。これら国内の種はみな落葉低木です。花が筒状の鐘形で先が5つに裂けた形をしていて、ガク片がプロペラのように並ぶ特徴があります。ガク片の数は5枚のタイプと、2枚のタイプがあります。

ハナゾノツクバネウツギは、あまり寒さの厳しくない地域では常緑または半常緑の低木で、ガク片は5枚です。花期はかなり長くて、5月〜11月。枝先に白、または淡いピンク色を帯びた長さ2cmほどの花が次々に咲きます。ガクの色が赤褐色でよく花を引き立てます。公園や生垣、道路の分離帯などでよく見かけます。

名前の「ツクバネウツギ」というのは、5枚のガクが残った実の形が羽根つきの羽根に似ていて、木の姿が「ウツギ」という木に似ていることからきています。

葉は、2枚対生していることが多いですが、3枚輪生していることもあります。葉の長さは3cm〜4cmほどで、先の方が少し細長くとがった卵形、堅くて表面はピカピカと光沢があります。縁のギザギザ(鋸歯)は、ぜんぜん鋭くなくて鈍いギザギザです。2月中旬、こちら関東では、すでに新芽が伸びてきています。開いていた葉は紫褐色で、分厚くよりいっそう光沢のあるものでした。

【和名】ハナゾノツクバネウツギ [花園衝羽根空木]
【別名】アベリア、ハナツクバネウツギ [花衝羽根空木]
【英名】Glossy abelia
【学名】Abelia x grandiflora (Abelia grandiflora)
【科名】スイカズラ科 CAPRIFOLIACEAE
【撮影日】2005/02/15
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 16:00| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。