2005年02月17日

クサギ

クサギ Clerodendron trichotomumクサギ Clerodendron trichotomum
2005/02/15 撮影 

クサギは、国内では北海道、本州、四国、九州、沖縄に分布する落葉小高木です。名前の由来は、枝を切ったり葉をもんだりすると、独特のくさい臭いがあるところからきています。その臭いのイメージとは対照的に、先が5裂した白っぽいプロペラのような花や、赤と黒のコントラストも鮮やかな羽根つきの羽根のようなユニークな実は、とても人目を引くものです。

とはいうものの、今回はクサギのもっと地味な部分を見てみます。上の2つの写真は、冬の時期のクサギの冬芽の部分です。枝の色は紫褐色で、まばらに縮れた褐色の毛が生えています。冬芽は今のところまだ、小さいのでわかりにくいのですが、芽鱗(がりん)はなく芽はむき出しになっています。つまり、「裸芽(らが)」なんです。冬芽の色は茶褐色、角の丸い三角形で縮れた毛に覆われています。

上の写真に写っているのは、てっぺんの頂芽ではなく、枝の途中から出ている「側芽」です。その側芽の下の部分に注目すると、丸いハート形のようなものが見えます。これは「葉痕」といって、葉がついていたあとです。葉痕は枝からちょっと突き出たような状態で残っています。さらに葉痕をよく見ると、Uの字を描くように点々がついています。これは「維管束痕」です。葉は落葉してなくなってしまっても、葉がついていた痕跡や、葉と枝の間を水分や養分などが行き来する通り道は、こうして残っているわけです。

クサギ Clerodendron trichotomum
2004/12/30 撮影
クサギ Clerodendron trichotomum
2005/02/15 撮影


クサギは、花は主に夏に咲いて、秋には果実が見られるようになります。その果期にも残って赤くなる部分は「ガク」です。2004年の年末ごろまでは、まだ黒っぽい果実も赤いガクも残っていました。しかし、2月中旬の現在は、果実はなくなってしまい、ガクだけが茶色くなって残るのみ。このガク、かなり肉厚なものですね。

しかし、クサギの葉痕…源氏パイに見えるんですけど。それともリンゴを縦に切った断面ですかね。

【和名】クサギ [臭木]
【学名】Clerodendron trichotomum
【科名】クマツヅラ科 VERBENACEAE
【撮影日】2004/12/30、2005/02/15
【撮影地】東京都日野市

posted by hanaboro at 19:36| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(3) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イチョウ

イチョウ Ginkgo biloba


イチョウは、中国原産の落葉高木です。庭木や盆栽にするほか、公園や街路にもよく植えられていますし、ギンナンの木としてもおなじみですね。寺社の境内に植えられているものなどは、高さ30m以上になっていることもあり、かなりの高木です。灰色の樹皮には縦の割れ目が目立ちます。樹皮にはコルク層があって皮の質が厚いので、ちょっと押してみると弾力性があります。

イチョウ Ginkgo bilobaイチョウ Ginkgo biloba


長い枝から出ている短い枝は垂直に近い角度で出ています。冬芽は丸っこい形で色は濃いめの茶褐色。質の薄い鱗状の芽鱗(がりん)に包まれています。芽の下にある葉がついていたあと(葉痕:ようこん)は楕円形だったり、半円形だったり、滴のような形だったりします。葉痕を見ると点々が2つずつあります。この2つの点々は葉と枝との間で水分や養分などを受け渡しする管のあとで、「維管束痕(いかんそくこん)」といいます。維管束痕は、例えば「アジサイ」では3つ、「アカメガシワ」では多数というように樹種によって違うのですが、「2つ」というのは樹木ではイチョウだけです。

また、日あたりのよい場所のイチョウの冬芽付近を見ると、葉痕がギューッとかたまってついていて、下の葉痕との間がほとんどない状態になっています。つまり、前年度と比べて、葉痕の幅(長さ)の分だけしかその枝が伸びなかったということになります。

【和名】イチョウ [銀杏、公孫樹]
【学名】Ginkgo biloba
【科名】イチョウ科 GINKGOACEAE
【撮影日】2005/02/15
【撮影地】東京都日野市

■Trackback
My Garden - お花ダイスキ!」さんの「越冬中のイチョウ」にトラックバックさせていただきます。盆栽仕立てのイチョウの越冬のさせ方がわかりますよ。

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 15:32| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(2) | 樹皮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。