2005年02月19日

キンコウカ

キンコウカ Narthecium asiaticum


キンコウカは、北海道と本州中部以北の低地〜高山の湿原に生える多年草です。地下茎が長く伸びてふえるので、しばしば群生し、花時期には湿原を黄色に染めるほどです。名前は鮮黄色の花の色からきています。葉は長さ10cm〜20cmほど、花茎は20cm〜30cmくらいです。花期は7月〜8月で、花茎の上部の総状花序にたくさんの花をつけます。花のついている花序の部分の長さは10cmほど。花はふつう花序の下の蕾から開いて上へと咲き進みます。星の形のように見える1つ1つの花の直径は8mm程度です。

いわゆる花びらに見える部分は、「花被片」で6枚、外側の中央に縦に緑色の帯のようなものが見えます。それで、蕾のときは黄色というより緑色に見えるかもしれません。雄しべ(花糸の部分)には縮れた毛がたくさん生えているので、雄しべがかなり太く見えます。花の中央部を見ると、細長くて先がとがったものがツンと突き出ていますが、これが雌しべで、緑色をしています。

写真は、すでに花の最盛期を過ぎている状態です。花被片の色は、黄色ではなく下半分が緑色、先のほうがオレンジ色という感じです。咲き始めのころはちょっと褐色を帯びた葯(花粉のあるところ)や花糸の毛が目立っていた雄しべも、まだ残ってはいるもののほとんど目立ちませんでした。それとは対照的に雌しべの方は、基部がだいぶ丸く膨らんでいました。

細長い剣状の葉は、秋には葉先の方からオレンジ色に紅葉して、静かに湿原の秋を彩ります。

【和名】キンコウカ [金光花、金黄花]
【学名】Narthecium asiaticum
【科名】ユリ科 LILIACEAE
【撮影日】2004/08/12
【撮影地】福島県檜枝岐村

■Trackback People : 身近な生き物

posted by hanaboro at 18:37| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイコンソウ

ダイコンソウ Geum japonicum

2005/02/13 撮影

ダイコンソウは、北海道、本州、四国、九州に分布し、山野の林床や林縁、道の脇の草地などに生える多年草です。全体に軟毛が密生しています。草丈はだいたい30cm〜50cmくらいで、大きいものでは80cm程度です。

上の写真のようにロゼット状に地面に葉を広げて越冬しますが、この根生葉の形が「ダイコン」の葉に似ているということで、「ダイコンソウ」という名前がついています。ダイコンはアブラナ科の植物で、ダイコンソウはバラ科の植物ですし、根生葉が羽状複葉になっているとはいえものすごく似ているというわけでもありません。ただ、見立ててそう呼ばれているということなので、わざわざ「似ていない!」と目くじらを立てるほどでもないでしょう。

さて、このダイコンソウのロゼットですが、ダイコンに似ているかどうかは置いといて、この形や色は非常に独特です。似ている植物はそうはないので、一度、覚えてしまうと、結構目に入ってくるようになると思います。羽状複葉1枚の長さは10cm〜20cmほどで、一番てっぺんの小葉(頂小葉)が特に大きくて丸くなっています。途中についている小葉は「側小葉」といって、頂小葉よりもずっと小さく大きさも大きいものや小さいものなどがあって、一定しません。縁のギザギザ(鋸歯)もちょっと不ぞろいで鈍いギザギザです。色は特に冬の間は濃く暗めの深緑で、縁などは紫褐色の縁取りが見られることもあったり、葉脈が白っぽく光ったようになっていて、よく目立ちます。

ダイコンソウ Geum japonicum
2004/09/16 山梨県
ダイコンソウ Geum japonicum
2005/12/13 東京都


北海道や本州中部以北には、「オオダイコンソウ (Geum aleppicum)」というよく似た種類も分布していますが、オオダイコンソウのわかりやすいチェックポイントとしては、根生葉の小葉の先がとがること、葉の縁のギザギザがより鋭いこと、果実(集合果)の形が楕円形になることなどがあげられます。これで、だいたい区別できると思います。

花期は6月〜8月、花は直径1.5cm〜2cmの黄色の5弁花です。花の中央部はにぎやかで、雄しべや雌しべがたくさんあります。雌しべの先の花柱の部分にはカクッカクッと折れ曲がった部分があって、花の終わりごろには折れ曲がった先がなくなってしまいます。それで、先がカギのようになった果実ができるわけです。雌しべの下の部分は「花托(かたく)」といいますが、そこには長くて目立つ毛がたくさん生えていて、果実となった後にも毛が残ります。

果実は花の中央部にたくさん集まってできるので、集合果となりますがその輪郭は円形で、楕円形になるオオダイコンソウとは違う点です。花柱の花後にも残っている部分には腺毛がまばらにあり、先もカギ状になっているので、いわゆる「ひっつきむし」になる果実というわけです。

【和名】ダイコンソウ [大根草]
【学名】Geum japonicum
【科名】バラ科 ROSACEAE
【撮影日】2004/09/16、2005/02/13
【撮影地】山梨県山中湖村、東京都多摩市

■当ブログ内関連記事→ミヤマダイコンソウ

■Trackback People : 身近な生き物

posted by hanaboro at 15:46| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ロゼット図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。