2005年03月01日

マサキ

マサキ Euonymus japonicus


マサキは、国内では北海道の一部、本州、四国、九州、沖縄に分布し、特に暖地に多く海岸の近くの林に生える常緑低木です。乾燥や寒さ、塩害など様々な条件に耐えられるし、よく分枝して刈り込みにも強いことから、庭や公園などの生垣によく使われています。葉は楕円形で、先はあまりとがらず丸みを帯びることも多いです。長さは3cm〜10cmほど、幅は2cm〜5cm程度で、対生します。やや分厚く表面は光沢のある濃い緑色、裏面はちょっと白っぽいような薄黄緑色でノッペリ感があります。縁のギザギザ(鋸歯)は、先のとがらない鈍いものですが、それなりにしっかりとある感じです。

花は6〜7月、葉の脇(葉腋)から集散花序(しゅうさんかじょ)を出して、直径5mm程度の小さな緑っぽいようなクリーム色のような色の花をたくさんつけます。集散花序というのは、まず、花がつく茎や柄の先端に最初の花が咲き、その花の下の部分が枝分かれして、分かれた先端に次の花が咲いて、さらにその花の下からも枝分かれして、その先端に次の花が咲くというような花序のことです。

11月ごろになると7mmほどの球形の果実ができます。この果実が4つに割れると、中からは鮮やかな艶のある朱赤色の種子が出てきます。この赤い部分は、「仮種皮」といいます。

マサキ Euonymus japonicusマサキ Euonymus japonicus


子どものころ住んでいた家の北側に「マサキ」の生垣がありました。2mぐらいに生長していたその木々は、当然、自分の背丈をはるかに越えていました。管理は何もされず、伸びすぎたところを適当にカットするぐらいで、ほったらかし。うどんこ病にかかっていたし、マサキの葉を食べる尺取虫も大発生していた。その尺取虫というのは、細長い黒い体に黄色い模様のあるユウマダラエダシャクという蛾の幼虫だ。誤って、マサキの木を揺らそうものなら、もう何匹もぶら下がってきた。そして、ほぼ、マサキの生垣が丸坊主になるころ、玄関の門柱やブロック塀やなんかに、成虫となったユウマダラエダシャクが現われ、白に灰色や茶色の斑紋のある羽を広げてペッタリとくっついている姿を目撃することになる。その当時、花が咲いた記憶はない。薄暗い北側のそういう一連の光景は、とても美しいものとは思えなかった。

それから、もうかなりの歳月が過ぎ、久々にマサキの若木に目がとまりました。丈はまだ、1mほどの小さなものですが、寒風が吹きすさぶ中、ほんの短い時間、日差しを浴びて輝いていたのです。葉先の丸みと艶やかな光沢。濃く明るい活力を感じる緑色。シャープではないけれど、カタカタカタッと小気味よい鋸歯。「マサキ」の葉って意外ときれいだったのね。そりゃあそうか、生垣に使われるぐらいの木なんだから。

【和名】マサキ [柾、正木]
【学名】Euonymus japonicus
【科名】ニシキギ科 CELASTRACEAE
【撮影日】2005/02/27
【撮影地】東京都日野市(植栽)

■当ブログ内関連記事→ニシキギ

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 17:13| 東京 ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。