2005年03月02日

サワラ

サワラ Chamaecyparis pisifera
2005/02/13 多摩市

サワラは、本州、四国、九州に分布し、山地のやや湿り気の多い谷すじなどに多く生育する常緑高木です。高さは30mほどにもなり植林もされますが、今では少なくなったと聞きます。また風呂桶に利用されたり、庭木や生け垣としても植えられ、様々な園芸品種もつくられています。

樹皮は、スギやヒノキなどとよく似ていて、灰色っぽいような赤っぽいような褐色で、縦にやや薄めにガシガシと剥がれます。樹形もヒノキによく似ていますが、ヒノキの方がより密に葉をつけ、サワラは葉が少なめなので比較的枝がよく見えます。葉は鱗状になっていて、先端はヒノキよりもとがっています。 

と、まあ、区別点はいくつかあるのですが、ヒノキと区別する最も簡単な方法は、葉の裏の「気孔線(きこうせん)」を観察することです。葉を裏返すと白い模様が見えるのですが、これを気孔線といって、酸素や二酸化炭素などの通路となる「気孔」がたくさん並んでいる場所なのです。その白い気孔線の形が、アルファベットの「Y字形」に見えたらヒノキ、「X字形」に見えたらサワラです。

サワラ Chamaecyparis pisifera


身近なところに植栽されている針葉樹、パッと見たところがよく似ていてわかりにくいこともありますが、「サワラ」は、この気孔線がX字形というのを覚えておくとかなり楽です。2つ目の画像は、スキャナーで取り込んだものなんですけど、なかなか難しいですね。影ができるし、何だかすごく違和感があります。しかも、ファイルサイズが大きすぎる。攻略本が必要かな。

サワラ Chamaecyparis pisifera
2005/02/27 日野市

一番上の樹皮の写真は、おそらく野生種のものです。葉の写真は公園に植栽されていた木のもので、品種名までは特定できませんでしたが、園芸種ではないかと思います。逆光で見るとピカピカ光ってまぶしいくらいでした。

【和名】サワラ [椹]
【学名】Chamaecyparis pisifera
【科名】ヒノキ科 CUPRESSACEAE
【撮影日】2005/02/13、2005/02/27
【撮影地】東京都多摩市、日野市

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 18:28| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 樹皮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。