2005年03月15日

ゴンズイ

ゴンズイ Euscaphis japonica


ゴンズイは、国内では本州の関東以西、四国、九州、沖縄に分布し、朝鮮半島、中国、台湾にも分布します。比較的日当たりのよい雑木林などに生える落葉小高木で、高さは5mほど。もっと低木のこともあります。

葉は長さ10cm〜30cmの奇数羽状複葉で、やや分厚く光沢があります。花期は5月〜6月。枝先に長さ20cmくらいの円錐花序を出して、淡い黄緑色のごく小さい花をたくさん咲かせます。秋には餃子みたいな形の果実(袋果)が赤く熟します。その果実の袋が裂けると、中からは黒くてツヤツヤした種子が出てきて、かなり個性的です。

ゴンズイ Euscaphis japonicaゴンズイ Euscaphis japonica


樹皮は、灰褐色〜黒褐色で、白っぽい割れ目のような隆起した模様が目立ちます。これは「皮目(ひもく)」といって、呼吸のはたらきをしています。

名前の由来には諸説あるようで、材が柔らかく役に立たないということから、同様に役に立たないという魚の「ゴンズイ」の名前がつけられたとか、樹皮の模様が魚の「ゴンズイ」に似ているからなどという説があるようです。

ゴンズイ Euscaphis japonicaゴンズイ Euscaphis japonica


冬芽の長さは5mm程度、芽は1対か2対の「芽鱗(がりん)」に包まれています。ゴンズイは葉が対生しますが、枝先には「仮頂芽(かりちょうが)」をつけます。仮頂芽というのは、枝の一番先端近くにある「側芽(そくが)」が「頂芽」のかわりになっている芽のことです。その場合、枝先には冬芽が2つ並んでついています。ただし、ゴンズイは仮頂芽ではなく、頂芽を1つつけることもあります。右上の小さい写真では2つです。

枝を見ると、冬芽の下あたりには、円形か半円形の模様のようなものがあってよく目立ちます。これは葉がついていた痕跡で、「葉痕(ようこん)」といいます。さらに葉痕をよく見ると、小さな点々が円を描くように並んでいるのがわかります。この点々は「維管束痕(いかんそくこん)」で、養分や水分の通り道の痕跡です。

【和名】ゴンズイ [権萃]
【学名】Euscaphis japonica
【科名】ミツバウツギ科 STAPHYLEACEAE
【撮影日】2005/03/15
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 21:09| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 冬芽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アキノノゲシ (No.2)

アキノノゲシ Lactuca indica


アキノノゲシは、日本全土に分布し、日当たりのよい山野の草地などによく見られる一年草または越年草です。夏の暑い最中、ちょっと薄めの色で大きく柔らかそうな根生葉に気づきます。そのころから草丈がグングンのびて、秋に開花するころには2m近くになることもあります。しかし、根生葉は花が咲くころにはふつうは枯れてしまっています。

茎の下部の葉は羽状に裂けますが、丈夫の葉は細長くてあまり裂けない傾向があります。また、葉が羽状に切れ込まないタイプを「ホソバアキノノゲシ (Lactuca indica f. indivisa)」ということもあります。

主な花期は8〜11月。名前は、主に春から夏に開花する「ノゲシ」に対して、秋に咲くのでアキノノゲシといいます。花(頭花)は茎の先の円錐状にたくさんつき、直径は2cmほど。色は淡黄色、中央部はやや濃いめの黄色です。キク科の植物ですが「筒状花」はなく、いわゆる花びらに見える「舌状花」だけです。

花びら(舌状花)のある部分の下にある「総苞(そうほう)」という部分は長さ1cm程度の円柱形。花が咲くと次第に下の方がふくらんできます。総苞には、「総苞片」という鱗片が瓦状に重なっていて、紫褐色の縁取りがあります。写真では、細長くてピラピラと細長いものが反り返っているものが見えますが、それが総苞片です。縁は白っぽくなっています。本来はこんなにそっくり返ってはいません。しかも下を向いてしまっていますが、ふつうは、上向き〜横向きに開きます。

アキノノゲシ Lactuca indica


本当ならば、花が終わった後、白色の冠毛(綿毛)がボワッと開いて、黒い果実も見られるはずなんですがね。もしかしたら、開花することができずに、寒さで力尽きてしまったのかもしれません。生育が遅れて秋の本来の花の時期に間に合わなかったのでしょうか。それとも、早くに咲いた個体が飛ばした種子が、時期はずれに発芽し生長して本格的な寒さの前に蕾をつけてしまったのでしょうか。この個体は、次世代を残すことができずに生涯を終えてしまったようです。

ちなみに、学名の「Lactuca」は、アキノノゲシ属の学名で、乳液という意味の「lac」に由来するといいます。茎を切れば白い乳液が出てくるはずなんですがね。。。

【和名】アキノノゲシ [秋の野罌栗]
【学名】Lactuca indica
【科名】キク科 COMPOSITAE
【撮影日】2005/03/15
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事→アキノノゲシ

■Trackback People : 身近な生き物

■Trackback
Modern syntax」さんの記事→「3月15日のラッキーさん

開設以来まだ一年にも満たない、小さくひっそりと存在するブログ。それでも、それなりに紆余曲折を経て現在に至っております。抽選にて思わぬ幸運をいただいた本日(2005/03/15)、初心にかえってのエントリー。Modern syntaxさんよりTBで、Blogpeopleさんよりメールでお知らせいただきました。ありがとうございます。当ブログ、「今日のラッキーサイト」です。

posted by hanaboro at 18:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。