2005年03月18日

ミズキ

ミズキ Cornus controversa


ミズキは、北海道〜九州の日当たりのよい雑木林や山地の沢沿いなど、やや湿り気のあるところに生える落葉高木です。高さは10m〜20m。生長は速いそうで、幹はまっすぐに伸び、枝は水平に出ます。その枝が段々に見える独特の樹形です。

冬芽は無毛で長さ1cmほどの長卵形、5枚〜8枚の「芽鱗」に包まれています。枝も冬芽も紫紅色で光沢があります。ふつう、枝先の「頂芽」がよく目立って、「側芽」はあまり発達していません。赤くて横に伸びた枝は先の方が少し上にカーブして、その先端に赤い頂芽がついているという感じです。

ミズキは落葉樹ですので、冬の間は枝には葉がなくなってしまいますが、葉のついていた痕跡は残っています。それは「葉痕」といって、ミズキの場合は半円形か少しとがったようなV字形です。そして、やや枝から突き出して上向きかげんについています。葉は「互生」なので、葉痕も互い違いについています。

ミズキ科ミズキ属の樹木の中では、ミズキは葉のつき方や芽鱗の並び方が特徴的です。それに葉が互生するのは「ミズキ」だけ。「クマノミズキ」の場合は芽鱗のない「裸芽」か不明瞭な芽鱗しかなく、「ヤマボウシ」の場合は芽鱗は2枚で、両者とも葉は「対生」です。

ミズキ Cornus controversa


樹皮は灰褐色で浅く縦に溝が入っています。花期は4月〜5月。枝の先に「散房花序」を出して、白い小さな花をたくさんつけます。1つ1つの花は直径7mm〜8mmほどの小さなものですが、段々になった枝は扇を広げたような状態になって、一斉に花が咲くと遠くからでもよく目立ちます。新緑の若葉と白い花の対比は、初夏らしく清々しい印象を与えてくれます。

【和名】ミズキ [水木]
【学名】Swida controversa (Cornus controversa)
【科名】ミズキ科 CORNACEAE
【撮影日】2005/03/18
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
アメリカヤマボウシ
ゴゼンタチバナ

■Trackback People : 身近な生き物

posted by hanaboro at 20:00| 東京 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 冬芽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハナダイコン

ハナダイコン Orychophragmus violaceus


ハナダイコンは、中国原産の一年草または越年草です。もともとは江戸時代に観賞用として入ってきたのだそうですが、現在では、日本各地で野生化しています。また、道路脇の緑化のため播種されることもあるようです。いろいろな別名で呼ばれていますが、その中の「ショカツサイ」というのは中国名で、「オオアラセイトウ」の「アラセイトウ」というのは、同じアブラナ科の「ストック (Matthiola incana)」の古い呼び名だそうです。

高さは30cm〜80cmほど。かなり小さな個体でも花をつけています。葉の質は薄めで、特に裏面は粉をふいたように白っぽく、根生葉や茎の下部の葉は羽状に分裂します。そして、羽状に分かれた葉のてっぺんにある裂片(頂裂片)が、特に大きくなる傾向があります。茎の上部の葉は長楕円形で、縁には不規則なギザギザ(鋸歯)があります。葉の付け根の方は耳のような形になって茎を包み込むようについています。そういう状態を、図鑑では「茎を抱く」というふうに書いてあります。

花期は3月〜5月。直径は2cm〜3cmで、淡い紫色〜紅紫色の4弁花。果実は細長い「長角果」で、長さ10cmぐらいになります。熟すと下の方から縦に2つに裂けて、中央には膜質の隔壁が見えます。その壁に小さい種子がついています。このような果実の構造はアブラナ科の大きな特徴なので、もうちょっと詳しく見てみると。。。

*アブラナ科の果実の構造*
雌しべの子房がのちに果実となります。「雌しべ」というのは「葉」が起源なのだそうで、雌しべの子房壁が数枚の「心皮」が合わさってできているものを「合生心皮」といいます。つまり「心皮」というのは、雌しべの子房壁を構成している葉のことで、あとで「果皮」になる部分のことです。雌しべの子房壁には「胚珠」がついていて、のちに「種子」になります。

アブラナ科の場合、2枚の心皮が合わさってできた「合生心皮」で、果実が熟したときに果皮が心皮の合わさった部分から2つに裂けて、下の方から反り返ってきます。種子は中央の膜質の隔壁についています。こういう果実を「角果」といって、細長いものは「長角果」、短いものは「短角果」といいます。


3月半ば、こちら関東の丘陵地では、ちらほらと開花が見られるようになりました。今はまだ、根生葉の状態のものや、蕾がようやく出てきた個体など背丈が低いものが多いですね。写真は、まだ根生葉の状態です。近くに人の家はあるものの、特に誰かが栽培している様子のない道ばたに少数あったものです。栽培されていたものの種子が逃げ出して野生化したものかもしれません。

【和名】ハナダイコン [花大根]
【別名】ショカツサイ [諸葛菜]、オオアラセイトウ
【学名】Orychophragmus violaceus
【科名】アブラナ科 CRUCIFERAE (BRASSICACEAE)
【撮影日】2005/03/18
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : 帰化植物

posted by hanaboro at 15:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | ロゼット図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。