2005年03月23日

ヤマブキ

ヤマブキ Kerria japonica


ヤマブキは、国内に広く分布するほか、中国や朝鮮半島にも分布しています。バラ科ヤマブキ属に分類される1属1種の植物。山地のやや湿り気の多い場所に生える落葉低木です。庭や公園などによく植えられていますが、万葉の時代からすでに庭に植えて観賞され、何首もの歌に詠まれています。

高さは1m〜2mほどで、枝は細く若い枝は冬の間も緑色。地下茎をのばして増え、樹形は株立ち状になります。細い茎が根元からたくさん群がってのびています。

葉は長卵形で、互生します。葉柄は1cmあるかないかで、まばらな感じに毛があります。表面の葉脈が下面にしっかりくぼんで、その脈を裏から見ると、白っぽい毛が寝たように生えています。葉の質は薄めです。ヤマブキの葉は葉脈や縁のギザギザなどとても特徴的なので、覚えやすいかもしれません。葉の縁のギザギザのことを「鋸歯」といいますが、ヤマブキの葉の縁にははっきりとした「重鋸歯(じゅうきょし)」があります。重鋸歯というのは、大きなギザギザにさらに小さなギザギザのある鋸歯のことです。

花期は4月〜5月。短い枝の先に1つずつ鮮やかな黄色の花をつけます。直径は3cm〜5cm。花弁は5枚です。花の中心部には、たくさんの雄しべと5個〜8個の花柱があります。ガク片は5枚あって、果実の時期にも残っていて、星形に見えます。花弁はパッと平たく開いて枝垂れた細い枝に一斉に咲いている様子は、とても見事なものです。

ヤマブキと全体的な見た目がよく似ている「シロヤマブキ (Rhodotypos scandens)」は、シロヤマブキ属という別の属に分類される全く別の種です。シロヤマブキは葉が対生、花は白色の4弁花、ガク片も4枚です。ヤマブキにも白花があって「シロバナヤマブキ (Kerria japonica f. albescens)」といいますが、花弁は5枚なのでシロヤマブキと区別できます。

また、ヤマブキには八重咲きの品種もあって、「ヤエヤマブキ (Kerria japonica f. plena)」といいます。ヤエヤマブキの場合、雄しべが花弁化して雌しべも退化していてしまっているので果実ができません。一方、ふつうの一重のヤマブキには果実ができます。ヤマブキの果実は長さ4mm程度、シロヤマブキよりは小さめで、熟すと暗褐色になります。シロヤマブキの果実は黒く光沢のあるもので、だいたい4つついています。

冬芽は、長卵形で赤褐色。5枚〜12枚の「芽鱗」に包まれた「鱗芽」です。写真はすでに、芽吹いていて赤褐色の芽鱗は少し残っているのみで、数枚はすでに落ちてしまっています。若葉が展開すると蕾も見えてくるはずです。

【和名】ヤマブキ [山吹]
【学名】Kerria japonica
【科名】バラ科 ROSACEAE
【撮影日】2005/03/18
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事→シロヤマブキ

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 17:30| 東京 ☔| Comment(13) | TrackBack(0) | 芽吹き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。