2005年04月08日

ミヤマカタバミ

ミヤマカタバミ Oxalis griffithii


ミヤマカタバミは、本州、四国に分布し、山地の林内に生育する多年草です。全体に軟毛が多くて、茎や葉の裏、ガクや苞にまで密生しています。「カタバミ」や園芸種の「オキザリス」などと同じカタバミ科カタバミ属(Oxalis)の植物です。

葉は、角の少し丸い三角形をした3つの小葉からなっていて、長い柄の先についています。小葉の先端は少しへこんだ形になっています。葉の裏にも軟毛が密生していて、特に3小葉が芽吹いてくるときには、3小葉が内側に畳み込まれていて、ちょうど裏が見えているので、軟毛におおわれて白っぽく見えます。

同属の園芸種「オキザリス・バーシーカラー」のような縁取りはないのでわかりにくいですが、蕾をよく見ると、傘をたたんだときのように花弁が巻いています。

花期は3月〜5月。花柄にも軟毛があって、長さは5cmくらい、先端に1つだけ花をつけます。直径3cm〜4cmほどの白色の5弁花。しばしば、淡い紫色の筋が入っています。果実は長さ2cmほどの細長い卵形です。中には小さな種子が数個入っています。さらに花期が終わると、閉鎖花によっても果実をつけます。

ミヤマカタバミ Oxalis griffithii


また、関東西南部〜東海に分布し、葉の裏の毛が少なく果実の小さいタイプを「カントウミヤマカタバミ (Oxalis griffithii var. kantoensis)」といいます。「コミヤマカタバミ (Oxalis acetosella)」の場合は、全体に小型で小葉の角はさらに丸みがあります。こちらは花期が6月〜8月です。そういえば、日本海側には、「コミヤマカタバミ」の変種の「ヒョウノセンカタバミ (Oxalis acetosella var. longicapsula)」というのがありました。全体的に大きくて、小葉の幅は3cm〜5cmにもなります。花は白色か淡い紅紫色です。

ミヤマカタバミ Oxalis griffithii


根もとの方には何やら妙なものが見えます。これは葉がついていたところで、葉柄の基の部分が残っているものです。

【和名】ミヤマカタバミ [深山傍食]
【学名】Oxalis griffithii
【科名】カタバミ科 OXALIDACEAE
【撮影日】2005/04/03
【撮影地】東京都八王子市

当ブログ内関連記事
カタバミ
オッタチカタバミ
オキザリス・トリアングラリス

■Trackback People : 身近な生き物

posted by hanaboro at 19:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 芽生え・幼植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイハイラン

サイハイラン Cremastra appendiculata


サイハイランは、北海道、本州、四国、九州に分布し、山地の林内に生える多年草です。冬でも地上の葉は枯れずに、次の年の新しい葉が展開してから、花時期の前後に枯れてきます。葉の下の地下部には、1つの芽に1つの「偽球茎(バルブ)」ができます。バルブは、直径1cm〜2cmほどの卵形。

葉は長い楕円形で長さ15cm〜30cm、幅5cm内外、先端はスーッととがります。ふつうは、ペラーッと1枚だけ葉をつけます。まれに2枚つけることがあるくらいで、新しい葉が展開してからしばらくたつと、葉は地面にベラーッとはりついてしまいます。その葉は「エビネ」によく似ています。暗い林の中で、遠くから見てエビネと見間違うものの代表格。まあ、近づいてみるとまったく違うんですけども。

筆者の乏しい経験では、九州で見たものは斑が入っているのがふつうでした。たまたまかもしれませんが、これまで本州で見たものは、やや斑の入り方が少なかったり、ほとんど入っていなかったりでした。

花期は5月〜6月。花茎は30cm40cmほどの高さにまっすぐのびて、ほぼ一方向にかたよって10個〜20個の花をつけます。一般的な図鑑では、「ほぼ一方向にかたよって」というふうに書いてあるのですが、花序を横から見て前後を比べると、花のついている方向は確かにほぼ一方向といえると思います。しかし、花がついている方向から真正面に見ると右や左、そして、前方にと、特に一方向というわけではありませんよね。花は下向きに開き、紫褐色を帯びた肌色弁紅紫色舌。花弁やガク片の長さは3cmほど。

花の中央の「ずい柱」は、白っぽい棒状で、前方に突き出していて、唇弁に包まれたような状態になっています。先端の部分には淡い黄色の「葯」があって、ここには「花粉塊」が入っています。唇弁は3つに裂けて、真ん中の裂片(中裂片)が特に大きく、ほかの2枚の裂片(側裂片)は小さく細いです。ガク片(背ガク片、側ガク片)や花弁(側花弁、唇弁)はあまり開かず、唇弁以外はヒラヒラと弱そうな印象です。上から見ているとほとんど閉じているので、よく見えませんが、横や下からのぞいてみると、意外にも派手な色合いの唇弁にギョギョッとします。

名前は、こんなふうに咲く花の咲く様子を、武将が戦で指揮をとるのに使った「采配」にみたてて、サイハイランといいます。

サイハイラン Cremastra appendiculata


ふだん植物の写真を撮影するとき、おおいかぶさっている落ち葉などをあまりどかさないんですよね。でも、このときは脇に新芽があるはずだと思って、数枚の落ち葉をどかしてしまいました。撮影後、落ち葉をかけなおしはしたけれど、何かはれ物にでもさわったかのような気持ちになってしまうのは、相手がそれほど珍しいものではないにしても、一応、野生のランだからなのでしょうか。

【和名】サイハイラン [采配蘭]
【学名】Cremastra appendiculata
【科名】ラン科 ORCHIDACEAE
【撮影日】2005/04/03
【撮影地】東京都

posted by hanaboro at 16:24| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。