2005年04月22日

ワダソウ

ワダソウ Pseudostellaria heterophylla


ワダソウは、本州中部以北と九州の一部に分布する多年草です。主に山地の明るめの林内に生育します。全体的に華奢な感じのする小さな草本で、草丈は5cm〜20cm。茎には短い毛が生えています。

葉は対生しますが、葉の形やつき方がちょっと変わっていて、上部につく2対の葉は特に大きくて、すごく接近してつくので、4枚輪生しているように見えます。それより下部のは細長く、コスモスの双葉のような感じで2枚、ピッ、ピッと対生します。さらに、上部の2対は、花の終わりごろになるとかなり大きくなって、その状態を初めて見たときは、これは一体何なんだぁ〜と、しばし考え込んでしまいました。上の葉で長さは5cm前後です。

ワダソウ Pseudostellaria heterophylla


花期は4月〜5月。花は、葉の脇から出た細長い花柄の先につきます。花柄やガクには短い毛があります。花は上向きに開きますが、花が終わりに近づくと下向きかげんになって、果実は垂れ下がります。1株につき花数は、1個〜数個。ナデシコ科ワチガイソウ属の植物で、花は白色の5弁花です。花弁は長さ7mm〜8mm、弁の先は少しへこんだようになります。ガク片も5枚で緑色。

雄しべは10本あって、先の「葯(花粉のあるところ)」の部分が赤くて白の花弁によく映えます。何となくなんですが、10本のうち5本は仮雄しべってことはないですかね。長さや色に違いがあるような気がするんですけど。それとも成熟する時期を5本ずつにわけているとか。。。

名前は、人の名前みたいですけれど、長野県の和田峠に多いことからきているそうです。

【和名】ワダソウ [和田草]
【学名】Pseudostellaria heterophylla
【科名】ナデシコ科 CARYOPHYLLACEAE
【撮影日】2004/04/30
【撮影地】東京都八王子市

■Trackback People : 身近な生き物

posted by hanaboro at 18:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オオジシバリ

オオジシバリ Ixeris debilis


オオジシバリは、日本全土に分布し、道ばたや水田の周辺などにふつうに生えている多年草です。キク科ニガナ属の植物で、同属でよく似た種類の「ジシバリ (Ixeris stolonifera
)」よりもやや湿り気が必要なようです。石垣やブロック塀の隙間など土壌の少ない乾燥気味の場所で見られるのは、だいたい「ジシバリ」の方です。

名前は、そのジシバリよりも花や葉が大きいことからきていますが、ジシバリは、地面をはう茎から根を下ろして、まるで地面を縛るかのように見えることからきています。いずれも、しばしば群生しているのが見られます。

オオジシバリ Ixeris debilisオオジシバリ Ixeris debilis


葉は長さ5cm〜20cm、幅1.5cm〜3cmほど。へら形〜細長い楕円形で、しばしば、羽状に切れ込んでいます。葉質は薄くてやわらかく、色も明るめの緑色。縁が赤みを帯びていることも多いです。花の咲く前くらいの小さな葉は、地面に伏したようになっていることもありますが、花が咲くころの葉は、細長くて上に立ち上がっていることが多いです。それに比べると、ジシバリの方はあまり立ち上がらずに、葉は丸っこくて小さいです。

オオジシバリ Ixeris debilis


花期は4月〜5月。花茎をのばした状態の草丈は、20cm〜30cmくらい。花は直径2.5cm〜3cm。花茎の上部で枝分れして、花(頭花)は2個〜3個つきます。キク科の花なので、ふつう1つの花に見えている頭花は、小さい花(小花)がたくさん集まった「集合花」です。キク科の花の小花には2種類の花があって、よくあるマーガレットタイプの花では、中央部に「筒状花」、周辺部には花びらに見える「舌状花」があります。しかし、オオジシバリの場合は「筒状花」はなく、すべて花びらに見える黄色の「舌状花」からなっています。

花びらの下にある緑色〜黄緑色の部分は、「総苞(そうほう)」といって、長さは1cmちょっとくらい。総苞をよく見ると、まず目に飛び込んでくるのは、細長い部分で、それは「総苞内片」です。そして、その総苞内片の長さの3分の1に満たないくらいの「総苞外片」も見られるはずです。今回の一番上のしぼんだ花の写真では、総苞外片は3分の1の長さよりもずっと短くて、しかも角度が悪かったので、細長い総苞内片しか見えていません。それに、もしかすると、花がしぼむころには総苞外片は脱落してしまうのかもしれません。なんだかよくわからないことがあります。

オオジシバリの花は、黄色くタンポポのような花をパッと広げて、いかにも虫の訪問を誘っているようですが、必ずしも花粉を運んでくれる虫が訪れるとは限らない。そこで、確実に種子を作るために、このオオジシバリは、他の花からの受粉できなかったときには、速やかにどうか受粉する仕組みを持っているのだそうです。

花後にできる果実(痩果)は、7mm〜8mm。ジシバリと同じように、花が終わって果実が熟すころには、冠毛が広がって綿毛状になります。そして、少し平べったい紡錘形の果実の先は、細長くくちばしのように伸びた形になります。冠毛はそのくちばしのようになっている方についていて、長さは7mm〜8mm程度、色は白色です。

【和名】オオジシバリ [大地縛り]
【別名】ツルニガナ
【学名】Ixeris debilis
【科名】キク科 COMPOSITAE
【撮影日】2005/04/21
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
ジシバリ

■Trackback People : 身近な生き物

posted by hanaboro at 17:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。