2005年05月17日

ゲンノショウコ

ゲンノショウコ Geranium thunbergii
2004/11/09

ゲンノショウコは、北海道、本州、四国、九州に分布し、山野の日当たりのよい草地などにふつうに見られる多年草です。フウロソウ科フウロソウ属(Geranium)の植物で、この仲間の大きな特徴のひとつは、果実(さく果)が熟したときに5つに裂けてその裂片がクルリと巻き上がることです。その裂片の先には種子が1つずつついていて、とてもユニークな姿になります。その様子がみこしに似ているということで、ミコシグサという別名もあるそうです。

花期は7月〜10月。「アメリカフウロ (Geranium carolinianum)」よりは遅めの開花です。花は柄の先に2つずつつきます。直径1cm〜1.5cmくらいの淡い紅色〜白色の5弁花です。ガク片も5つ、花の中心にある雌しべの花柱も5つに裂けます。

花後にできた果実は、次第に先端が長くくちばしのように伸びて、種子は下のガク片の中にできます。熟して黒褐色になると、下から果実が裂けて、裂片が種子を先につけて巻き上がり、おもしろい形が出来上がります。巻き上がったときに見えている中心の軸は、「心皮間柱」といって、花軸が雌しべを貫いて花柱まで伸びたものです。雌しべが複数の「心皮」という胚珠を包み込むものからできていて、そのそれぞれに種子ができています。

ゲンノショウコ Geranium thunbergii
2005/04/03

シーズン初めのころは、比較的地面に近い位置で開花していますが、次第に生長して草丈30cm〜50cmにもなります。全体に毛がたくさん生えていて、葉柄、花柄やガクなどには腺毛もあります。特に瑞々しいときはやわらかな印象です。特に若い葉には紅紫色の斑点があり、アメリカフウロとは葉の形も違っています。

ゲンノショウコ Geranium thunbergii
2005/07/16

根生葉や茎の下部の葉は掌のように5つに裂けることが多く、上部の葉は3つに裂けることが多いです。裂片はアメリカフウロの方がずっと細かくなります。また根生葉のころは、葉が互生しますが、茎葉は対生です。

【和名】ゲンノショウコ [現の証拠]
【別名】ミコシグサ[御輿草]
【学名】Geranium thunbergii
【科名】フウロソウ科 GERANIACEAE
【撮影日】2005/04/03、2004/11/09
【撮影地】東京都八王子市、日野市

■当ブログ内関連記事
アメリカフウロ
コフウロ

■Trackback People : 野草people

[追記]
2枚目の根生葉の写真、思い込みで掲載してしまいました。今後、差し替えるかもしれません。

posted by hanaboro at 19:56| 東京 ☀| Comment(14) | TrackBack(2) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴウダソウ

ゴウダソウ Lunaria annua
2005/04/28
ゴウダソウ Lunaria annua
2005/07/02


ゴウダソウは、ヨーロッパ原産の越年草です。濃い紅紫色の花は華やかで、実の形がユニークなことから観賞用に栽培されています。それがときどき逃げ出して人家周辺の道ばたなどにポツポツ見られることがあります。日本でよく見られるのは、今のところ、北海道など寒冷な地域が中心です。草丈は40cm〜60cmくらいなのがふつうのようですが、大きいのもでは1mくらい。

ゴウダソウという名前は、明治のころ、フランスから日本に種子を導入した合田清さんという人の名前からきているそうです。また、果実の形から「ギンセンソウ」、「ギンカソウ」とも呼ばれます。「ルナリア」という属名で呼ばれていることも多いです。

ゴウダソウ Lunaria annuaゴウダソウ Lunaria annua


全体に粗い毛がたくさん生えています。根生葉や茎の下の方の葉には長い葉柄があります。株の方は節間が非常につまっていて、まるで輪生しているようです。しかし、葉は互生です。上部にいくにしたがって葉柄は短くなって、無柄になります。途中の葉などは卵形で丸みがあって、基部の方は心形です。長さは5cm内外。縁には粗いギザギザ(鋸歯)があります。

ゴウダソウ Lunaria annuaゴウダソウ Lunaria annua


花期は4月〜5月。茎の上部の花序に紅紫色の4弁花を咲かせます。直径は2cmくらいで、ほんのり香りがあります。

果実は薄っぺらい団扇のような形になります。若い果実はまだ、細長い状態ですが、これが次第に円形〜楕円形になって直径は3cmくらいまでなります。非常に見た目の楽しい果実で、ドライフラワーにしても楽しめます。

今回の写真の場所は、人家に極めて近く個体も1株しかなくて、周囲には他の園芸種も見られました。恐らくまだ人の管理下にあるようで、帰化しているという状態ではないと思います。

【和名】ゴウダソウ [合田草]
【別名】ギンセンソウ[銀扇草]、ギンカソウ[銀貨草]、オオバンソウ、ルナリア
【学名】Lunaria annua
【科名】アブラナ科 BRASSICACEAE (CRUCIFERAE)
【撮影日】2005/04/28、2005/07/02
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : 帰化植物

posted by hanaboro at 16:01| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカフウロ

アメリカフウロ Geranium carolinianum
2005/04/28 若い苗

アメリカフウロは、北アメリカ原産の一年草または越年草です。日本に入ってきたのは昭和のの初めごろのことだったそうです。現在では本州、四国、九州の道ばたや荒れ地、河原、畑などにふつうに見られます。また日本以外にも、アジアなどに広く帰化しています。

茎がよく枝分かれして、草丈は30cmほどまでなりますが、かなり小さな個体でも開花可能です。全体に軟毛や細かい毛がたくさん生えていて、白っぽくフサフサと柔らかい印象です。茎や葉柄は赤みを帯びていることが多いです。さらに葉の縁も赤っぽい。

葉柄は長くて、葉は深く5つ〜7つに裂けた裂片が、さらに細かく裂けています。輪郭をなぞると高さの短い五角形。

アメリカフウロ Geranium carolinianum
2005/05/14 若い果実

花期は4月〜9月。葉の脇(葉腋)から花柄が出て、淡い紅色の花が数個咲きます。同じフウロソウ属の「ゲンノショウコ (Geranium thunbergii)」の場合だと、花の直径は1cm〜1.5cmほどありますが、アメリカフウロの場合はそれよりもかなり小さくて、直径5mm程度です。花弁の幅も狭いです。

花弁もガク片も5枚あります。花の中央に見える雌しべの花柱も5つに裂けます。アメリカフウロの花柱はゲンノショウコに比べると、丸みがあって小さな桜が花の中に咲いているみたいです。ゲンノショウコは花弁が丸く花柱は細長い。アメリカフウロは花弁は細いが花柱は丸っこい、そんな感じ。そして、アメリカフウロは花弁とガク片が同じくらいの長さ。葯が開いた雄しべは雌しべよりも長く伸びるのかもしれないです。

アメリカフウロ Geranium carolinianum
2005/05/14
群生する様子
アメリカフウロ Geranium carolinianum
2005/06/28
裂開した果実


開花が始まってしばらくたつと、あちこちで花と同時に若い果実(さく果)も見られるようになります。さく果は、下の方は丸くふくらんで、先はピューッと上にくちばしのように伸びた形になっています。とっくりの先がものすごく細長くなったような感じ。その長く伸びたものは「心皮」と呼ばれる部分で、種子は下のふくらんだ部分にあります。ガクやくちばしにも毛が目立ちます。そして、これが熟したときが、またさらにおもしろい形になるのです。

そのうち、ガクが黄色っぽくなり縁も赤っぽく、または全体的に茶色っぽくなってくると果実も熟してきます。果実は熟すと黒褐色になって、くちばしの部分が下から5つに裂けてクルッと上にカールします。そのときカールした裂片の先には種子が1つずつついていきます。その様子はとてもユニークです。もうすぐそれが見られると思います。帰化種で、田畑などでは困った雑草ですが、見た目はいろいろとおもしろい面を持った草でもあります。

【和名】アメリカフウロ [アメリカ風露]
【英名】Carolina geranium
【学名】Geranium carolinianum
【科名】フウロソウ科 GERANIACEAE
【撮影日】2005/04/28、2005/05/14、2005/06/28
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
ゲンノショウコ
コフウロ

■Trackback People : 帰化植物

posted by hanaboro at 12:10| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(3) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。