2005年05月19日

カラスノエンドウ

カラスノエンドウ Vicia sativa subsp. nigra
2005/05/05
カラスノエンドウ Vicia sativa subsp. nigra
2005/04/29


カラスノエンドウは、本州、四国、九州、沖縄に分布する一年草または多年草です。果実は熟すと真っ黒になるので、それを「カラス」にたとえてその名があります。この植物の特徴もいろいろとありますが、今回はその中の1つ、「腺体」についてです。カラスノエンドウの葉の付け根の方にある付属物、「托葉(たくよう)」には蜜を分泌する「腺体」があります。この構造は花の中の蜜腺に対して「花外蜜腺」と呼ばれています。

すでに「イタドリ」の花外蜜腺に来るアリの姿をご紹介済み。そのカラスノエンドウ編。

カラスノエンドウの花外蜜腺は、一度わかれば、見つけるのはもう簡単です。花の下の方、葉の付け根のあたりを見ればそこにあるヒレのような「托葉」の部分にあります。ちょっと茶色くなった部分がそれです。

花が咲き進むと、カラスノエンドウの花の近くや若いさやのあたりが、アリマキだらけになっていることがあります。近くにはアリもうろうろしています。カラスノエンドウの株の前でちょっと待っていると、ものの数分で茎にアリが登ってきます。こういうぼんやりした写真なら、気の短い筆者でも撮影可能です。

カラスノエンドウ Vicia sativa subsp. nigraカラスノエンドウ Vicia sativa subsp. nigra
2005/05/14

果実(豆果)がまだ若いうちは、蜜腺からもまだ、十分に蜜が出ているようです。茎を上下に移動しながら、あらゆる蜜腺に立ち寄って蜜をなめるアリの姿が見られます。しかし、後脚は何だかつっぱったようにずいぶん開脚しているんですね。

カラスノエンドウ Vicia sativa subsp. nigra
2005/05/19

豆果が黒くすっかり熟くすと、そのうち勝手にパチン音をたてて弾け、中の種子が飛び散ります。そして、すでに中の種子も弾け飛んだあとは、茎も黄色く変色して枯れ始めます。それでも蜜腺の痕跡だけは一応、見ることもできます。とはいっても、さすがにもう蜜は出ていないのでしょう。アリの姿はありませんでした。

【和名】カラスノエンドウ [烏野豌豆]
【別名】ヤハズエンドウ
【学名】Vicia sativa subsp. nigra
【科名】マメ科 LEGUMINOSAE
【撮影日】2005/04/29、2005/05/05、2005/05/14、2005/05/19
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
カラスノエンドウ
カスマグサ

■Trackback People : 身近な生き物

posted by hanaboro at 21:24| 東京 ☁| Comment(10) | TrackBack(1) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニガイチゴ

ニガイチゴ Rubus microphyllus


ニガイチゴは、本州、四国、九州に分布し、山野の日当たりのよいちょっと乾燥したようなやせたような場所に生える落葉低木です。日本以外にも中国などに分布しています。地下茎を伸ばして増えるのでしばしば群生します。高さは30cm〜1m。よく枝分かれし、横に伸びたり、斜面から垂れ下がったりするので、枝の長さはもっと長くなっていることもあります。枝には細かなトゲが生えています。

葉は互生。長さ5cmくらい。幅の広い卵形。3つに裂けたり裂けなかったり、裂けそうになっていたりです。縁のギザギザ(鋸歯)は、「重鋸歯」といって、大きなギザギザがさらに細かくギザギザしている状態になっています。葉の裏側は粉をふいたように白っぽくなっています。でも特に白い毛が密生しているというわけではありません。特に若いころは表面は青緑色で光沢があり、葉脈や葉柄、枝などが紫褐色を帯びています。

ニガイチゴ Rubus microphyllus
若い果実

花期は4月〜5月。花は前年度の枝から新しく伸びた短い枝の先にふつう1つ咲きますが、新しい枝はごく短いので、前年度の枝から直接花がついているように見えます。花は直径2.5cmほどの白色の5弁花です。花弁は細長く縮れたような感じです。

写真は花が終わって間もないころの若い果実です。というより、ガクです。ガクは蕾のときは閉じていますが、開花中は開き後ろに反り返り気味になり、花の終了後はまた閉じてしまいます。この後、果実が順調に熟せば、直径1cmほどの球形の赤い液果になるはずです。一応、キイチゴ属の果実なので食べられますが、中にある「小核」といういわゆる種子の部分には、名前の通り苦味があるので、種子を噛んでしまうと、苦くてグェ〜となります。

ところで、「液果」ですが、これは「多肉果」ともいって、子房壁が成熟してできた「果皮」が3つの層に分かれた場合の「中果皮」という部分が多肉質か液質になったものです。液果にもいろいろな状態の果実がありますが、キイチゴ属の場合は、「小核果」と呼ばれる小さなツブツブの果実がたくさん集まった「集合核果」です。このように、たくさんの果実が集まった集合果ですが、キイチゴ属の集合果は、1つの花の1つの子房に由来しています。

【和名】ニガイチゴ [苦苺]
【別名】ゴガツイチゴ
【学名】Rubus microphyllus
【科名】バラ科 ROSACEAE
【撮影日】2005/05/05
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 18:56| 東京 ☁| Comment(22) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。