2005年05月30日

キツリフネ

キツリフネ Impatiens noli-tangere


キツリフネは、北海道、本州、四国、九州に分布し、山地の沢沿いや湿り気の多い林内などに生える一年草です。草丈は50cm前後。葉は互生。長さ5cm内外の楕円形で、縁のギザギザ(鋸歯)は粗く、ウネウネとした波状。

花期は6月〜9月。葉の脇(葉腋)から花序が垂れ下がって、花はそこからさらに細い花柄で吊り下げられたような状態で咲きます。色はやや淡い黄色。「ツリフネソウ (Impatiens textori
)」の場合、花の後ろ側に伸びるシッポのような「距」の先がクルッと巻いているのですが、キツリフネの距は、下向きに垂れ下がります。その距のついているふくらんだ袋状の部分は、3枚のガク片のうちの1つです。残りの2つのガク片は小さい。花弁も3枚ありますが、そのうち下の2枚がくっついて大きくなっています。

キツリフネは、開花初期のころ、通常の「開放花」に先がけて長さ2mm〜3mmの小さな「閉鎖花」もつけます。閉鎖花の方は、花が開かずに結実します。閉鎖花によってまず、確実に種子を作っておこうという堅実さを持っていたのですね。小さな個体では、より閉鎖花をつける確率が高く、花粉を運んでくれる昆虫がこなくても、少ない資源で確実に種子を残すようにと、うまくできていますね。

さらに開放花は、雄しべが雌しべより先に成熟する「雄性先熟」で、成熟する時期をずらすことで、自家受精をさける仕組みを持っています。開放花を咲かせるからには、遺伝的な多様性が高くなるように他家受精によって種子を作り出そうということのようです。

果実は「さく果」で、熟すとちょっと触っただけでも、パンッと弾けて中の種子が飛び散ります。それが、この仲間、ツリフネソウ属の学名「Impatiens (耐えられない)」の由来ともなっています。

キツリフネ Impatiens noli-tangere
まだ子葉が残っている。

葉は互生しますが、「子葉」は丸くて先が少しへこんだ形で2枚対生。子葉つまり双葉ですから、まあ、対生しているのはふつうのことですが、雰囲気は同じ属で、小学校などの教材としてもおなじみの「ホウセンカ (Impatiens balsamina)」にちょっと似ています。でも、生えているのがやや陰湿なところだし、ホウセンカよりはもっときゃしゃな感じ。もうしばらくは、子葉が残っているかもしれませんが、生長とともに子葉はなくなってしまいます。子葉の観察は幼殖物ならではのこと。今のうち。。。

【和名】キツリフネ [黄釣舟]
【学名】Impatiens noli-tangere
【科名】ツリフネソウ科 BALSAMINACEAE
【撮影日】2005/05/29
【撮影地】神奈川県藤野町

■当ブログ内関連記事
ツリフネソウ

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 21:08| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 芽生え・幼植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハクウンボク

ハクウンボク Styrax obassiaハクウンボク Styrax obassia


ハクウンボクは、北海道、本州、四国、九州、沖縄と、日本国内での分布域は広く、日本以外で中国や朝鮮半島などに分布しています。山地に生え、「エゴノキ (Styrax japonica)」によく似た花をたくさん咲かせるエゴノキ科エゴノキ属の落葉高木です。高さは10m前後になります。樹皮は灰白色、古木になると浅く縦に裂けます。

花期は5月〜6月。枝先の総状花序に白い花を、大量に咲かせます。長さ10cm〜20cmくらいの花序はやや下向きに伸びますが、先端の方は上を向くような状態になります。下に落ちていた花で観察すると、花(花冠)は、直径2cmくらいで先が5つに深く裂け、花びらが5枚に見えます。たくさんの雄しべがあって、花粉のある「葯」の部分が長めで、黄色く白の花冠との対比によって、清々しい印象になります。雌しべは花の中央に1本、長く突き出しています。

よく似たエゴノキとは花序の出方と葉の大きさで簡単に見分けられます。エゴノキの方は今年伸びた短い側枝の先に数個ずつ花がつきますが、ハクウンボクは長い花序が出て多数の花が咲きます。エゴノキの花は丸みがありますが、ハクウンボクの花びらに見える花冠の裂片は、やや細くとがった形。エゴノキの葉は、長楕円形で長さは5cm〜10cmくらいで、ハクウンボクより小さいです。

果実は、直径1.5cmくらいの球形。熟すのは秋。

ハクウンボク Styrax obassia


葉は互生。丸く大きな葉。長さは10cm〜20cm。縁のギザギザ(鋸歯)は、半分より上、先端の方に少し見られる程度。

赤褐色の若い枝を見ると、ところどころヒレのようなものが出たようになっていて、それは何だろうと思っていました。図鑑の記載を読むと、「若い枝の表皮が縦にはがれやすい」とあるので、きっとそのことをいっているのだろうと。相手はかなりの高木なので、背のちっちゃな筆者は、はるか上の枝を下からただ仰ぎ見るだけなのです。

ちなみに、「ハクウンボク」という名前は、白い花がたくさん群がるように咲く様子を「白雲」にたとえたところからきています。

【和名】ハクウンボク [白雲木]
【別名】オオバジシャ
【学名】Styrax obassia
【科名】エゴノキ科 STYRACACEAE
【撮影日】2005/05/29
【撮影地】神奈川県藤野町

■当ブログ内関連記事
ベニバナエゴノキ

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 18:52| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミツバウツギ

ミツバウツギ Staphylea bumalda
2005/05/29 神奈川県

ミツバウツギは、日本では北海道、本州、四国、九州の山地の林内や林縁に生える落葉低木です。日本以外では、中国や朝鮮半島に分布しています。高さは3mくらい。

葉は対生。3枚の小さな葉(小葉)からなる「3出複葉」です。1つ1つの小葉は先の細くとがった幅の狭い卵形で、長さは5cm前後。真ん中の小葉(頂小葉)が他の2枚の小葉(側小葉)より大きめ。縁にはツンツンとトゲのように見える細かいギザギザ(鋸歯)があります。鋸歯の先が赤みを帯びていることが多く、この鋸歯の様子がかなり特徴的だと思います。表面の色は濃いめの緑色ですが、裏面はちょっと白っぽい。両面に細かい毛が生えています。

名前は、花が「ウツギ(卯ノ花)」に似ていて、葉が3小葉になっていることから、「ミツバウツギ」と呼ばれるという説と、「ウツギ」と同様に茎が中空であることきているという説があるようです。しかし、ウツギはユキノシタ科の植物ですが、ミツバウツギは「ミツバウツギ科」に分類されています。

ミツバウツギ Staphylea bumalda
若い果実
2005/05/29
ミツバウツギ Staphylea bumalda
若い芽
2005/05/04


花期は5月。今年伸びた枝の先に円錐花序を出して、白い花をたくさん咲かせます。花の直径は1cmに満たないくらい。花弁は5枚、ガク片も5枚あります。ガクは花弁とほとんど同じ形、色も白色なので、花弁がたくさんあるように見えます。花はあまりしっかりと開かないのですが、半分くらい開いているものをのぞくと、5本の雄しべと1本の雌しべが見えます。

果実(さく果)は、先が2つに割れた袋のような形です。花が終わってすぐのころは、まだ若い果実が上向きについていて、先がくっついた状態ですが、しばらくすると、くっついた部分がはずれ、果実は下に垂れ下がったような状態になってきます。そして、秋には褐色に熟して2つに裂けます。

【和名】ミツバウツギ [三葉空木]
【学名】Staphylea bumalda
【科名】ミツバウツギ科 STAPHYLEACEAE
【撮影日】2005/05/29、2005/05/04
【撮影地】神奈川県藤野町、東京都八王子市

■当ブログ内関連記事
ゴンズイ

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 13:13| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。