2005年06月06日

ミヤマハコベ

ミヤマハコベ Stellaria sessiliflora


ミヤマハコベは、北海道、本州、四国、九州に分布し、山地の谷沿いのやや湿り気の多い場所に生育する多年草です。草丈は20cm〜40cm。ほとんど地面付近をはった状態か、茎の上部はやや斜めに立ち上がります。山地の林内に多い「サワハコベ (Stellaria diversiflora)」と似たようなところにも生えていますが、茎の毛の様子や花弁の切れ込み方に違いがあります。

サワハコベの場合は、5つの花弁の先があまり深く切れ込まず、ちゃんと5つに見えます。そして、茎は無毛です。ミヤマハコベの方は5つの花弁が深く切れ込んで、まるで花弁が10枚あるようにみえます。そして、茎には2列に毛が並んで生えています。葉の色もサワハコベは濃いめ、ミヤマハコベは薄め。黄緑色で、冬の「ウシハコベ (Stellaria aquatica
)」を彷彿とさせる。でも、ウシハコベは雌しべの柱頭が5つ。全体にもっと大きいのです。

ミヤマハコベ Stellaria sessiliflora


黄緑色の葉は対生。幅の広い卵形で、長さは2cm前後。葉の裏の縁や脈上、柄の部分にはやっぱり毛があります。沢の近くだし、色は薄く瑞々しくやわらかそう。毛はかなり生えていますが軟毛です。西日本に生える「ヤマハコベ」の場合は「星状毛」が生えています。

花期は5月〜7月。茎の上部の葉の脇から細い花柄を出して、先に1つずつ花が咲きます。花柄やガクには長めの白い毛がたくさん生えています。低地〜山地に生えるハコベの中では、草丈のわりには大きめの花。直径は1.5cmくらいで、花弁が10枚に見えてそれなりに華やかです。花が終わると下を向いてしまい、ガク片の毛がよく目立ちます。

【和名】ミヤマハコベ [深山繁縷]
【学名】Stellaria sessiliflora
【科名】ナデシコ科 CARYOPHULLACEAE
【撮影日】2005/06/05
【撮影地】山梨県塩山市

■当ブログ内関連記事
ウシハコベ
コハコベ

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 18:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イケマ

イケマ Cynanchum caudatum


イケマは、北海道、本州、四国、九州に分布し、山地の林縁部などに生えるつる性の多年草です。他の低木などにからまって伸びます。「イケマ」というのは、変わった名前ですが、アイヌ語なんだとか。意味は「太い根」だそうです。諸説あるようですが、利尿剤として用いられていたともいう太い根茎からきているともいいます。

葉は対生、長さは5cm〜15cm。しっかりとした厚みのある卵形の葉です。先はとがって、基部は深い心形になります。表面には光沢があり。茎を切ると乳液が出ます。

花期は7月〜8月。花は葉腋からのびる花柄の先の「散形花序」につきます。花柄の長さは10cmほど、葉柄よりも長めなので、花序が葉よりも突き出してよく目立ちます。花序はその長い花柄につきますが、1つ1つの花はさらに小花柄につきます。小花柄の長さは1cm〜2cmくらい。

ガガイモ科の植物で、花は「副花冠」という部分がよく発達しています。白くて花びらのように目立っているのが、「副花冠」で、大きく5つに裂けています。その裂片はさらに内外に2つずつに分かれています。内側の裂片が花の中心に向かって折れ曲がるような、中央にあるずい柱を支えるようなかたちで丸まります。副花冠の外側の裂片は花の上に向かって立ち上がります。ずい柱は雄しべが5つかたまったもので、雌しべはずい柱に包まれています。

花冠の方は副花冠よりも外側にあって5つに深くさけています。その裂けた花冠裂片は淡い黄緑色で花の下の方に向かってかなり反り返ります。副花冠は立ち上がり、花冠裂片は細かい毛におおわれて厚みがあって、花には立体感があります。蕾のときから丸々としています。

花が終わると細長い披心形の果実ができます。果実は「袋果」で、長さは10cmくらい。熟すと裂け、中の種子には白い光沢のある綿毛(冠毛)があって、風に飛ばされます。種子は平べったくて長さは5mmくらいです。

イケマ Cynanchum caudatum


今回、見つけた場所は、林道脇だったのですが、芽の先がみんな摘まれていました。草刈によるものとはちょっと様子が違っていました。新芽は、おひたしなどにしていただくと美味しい山菜。もしや。。。しかし、根は有毒なので、注意が必要。

真夏のころには、そこら中に蔓を伸ばして絡まっています。まだ1mにも満たない梅雨入り前の姿にも、これからの繁茂を予想させるような力が感じられる。真夏のつる性植物はどうして暑苦しく見えてしまうのか。でも、この「イケマ」、花火のように丸く白い花は清々しい。

【和名】イケマ
【学名】Cynanchum caudatum
【科名】ガガイモ科 ASCLEPIADACEAE
【撮影日】2005/06/05
【撮影地】山梨県塩山市

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 15:01| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。