2005年06月11日

カメバヒキオコシ

カメバヒキオコシ Isodon umbrosus var. leucanthus f. kameba


カメバヒキオコシは、本州の東北南部〜中部に分布し、山地の林内などに生育する多年草です。草丈は50cm〜80cmくらい。茎には短毛があります。

葉は対生。長さ5cmくらいの葉柄がありますが、ヒレがあって、葉身から翼のように流れたような状態です。葉の長さは5cm〜10cm、幅も同じくらいの卵形なのですが、先が3つに裂けておもしろい形になります。3つの裂片のうち中央の裂片が細長く尾状に伸びます。この形を亀のシッポに見立てて、「カメバ」と名前についています。葉の形は「カメ」というよりは「カブトガニ」みたいな感じもしますけど。

また、「ヒキオコシ」の方は、同じ仲間の別種「ヒキオコシ (Isodon japonicus)」からきていて、これは、葉が苦く病から引き起こすほどの力があるということに由来するそうです。

葉の表面には毛があり、特に葉脈上には多く生えています。特に若い時期には毛が目立って、葉のつけ根付近などは白っぽく見えます。尾状になる形は独特なので、わかりやすいのですが、茎の上部の葉では尾状になっていないことがあります。それに、形だけならイラクサ科の「アカソ」あたりにもちょと似ています。

カメバヒキオコシ Isodon umbrosus var. leucanthus f. kameba


花期は、9月〜10月。枝先の花序に花をたくさんつけます。花は青紫色の「唇形花」です。花冠の長さは1cm程度です。ガクも上下2つに分かれる「2唇形」、上唇はさらに3つに裂けます。シソ科に多い特徴ですが、ガクは花の後少し大きくなりよく目立つようになります。

学名は、諸説あるようで、図鑑によっても様々。「Plectranthus kameba」、「Isodon kameba」、「Rabdosia umbrosa var. leucantha f. kameba」、「Isodon umbrosus var. leucanthus f. kameba」などです。

【和名】カメバヒキオコシ [亀葉引起こし]
【学名】Isodon umbrosus var. leucanthus f. kameba
【科名】シソ科 LABIATAE
【撮影日】2005/06/05
【撮影地】山梨県塩山市

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 18:35| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。