2005年06月20日

シラー・カンパニュラータ

シラー・カンパニュラータ Hyacinthoides hispanica


シラー・カンパニュラータは、南ヨーロッパ原産のユリ科の多年草です。草丈は花茎が伸びた状態で10cm〜50cmほど。地下には「鱗茎」のある、いわゆる球根植物。

この植物は、いろいろと名前が移り変わった種で、現在の正式名は「ヒアシンソイデス・ヒスパニカ (Hyacinthoides hispanica)」とされています。しかし、日本では、「シラー・カンパニュラータ (Scilla campanulata)」の名前で流通し、栽培されていることが多いと思います。他にも「エンディミオン・ヒスパニクス (Endymion hispanicus)」、「シラー・ヒスパニカ (Scilla hispanica)」という異名もあります。もともとは、シラー属(スキラ属)に分類されていたものですが、花被片の基部がくっついて釣鐘状になることなどから、シラー属から分けられています。

シラー・カンパニュラータ Hyacinthoides hispanica
2005/06/20
裂開した果実、種子
シラー・カンパニュラータ Hyacinthoides hispanica
2005/05/19
若い果実


花期は4月〜5月。20cm〜50cmの花茎をまっすぐに伸ばして、釣鐘状の花を10個〜30個、総状に咲かせます。花冠の長さは2cmくらい。花色は、紫、青紫、ピンク、白などです。花冠の先端は6つに裂け、少し反り返ります。というより、6つの花被片の基部が合着しているといった方がいいのかな。下からのぞけば、6つの花被片が開いて、「シラー・ぺルビアナ」同様、星型に見えます。とはいっても、日本で栽培されるシラーの代表的なものを2つに分類するという場面では、「シラー・カンパニュラータ」は、「星型」ではなく「釣鐘型」の方に入れられています。まさに釣鐘形だから当たり前ですけれど。

裂開した果実の中から見えるのは、黒くて光沢のある種子。長さは2mmくらい。球根の自然分球でさかんに増えるほか、種子でも繁殖可能なのだそうです。でも、発芽までは少々時間がかかるのだとか。

【一般名】シラー・カンパニュラータ
【和名】ツリガネズイセン[釣鐘水仙]
【別名】シラー・ヒスパニカ、エンディミオン・ヒスパニクス
【英名】Spanish bluebell
【学名】Hyacinthoides hispanica (Scilla campanulataScilla hispanicaEndymion hispanicus)
【科名】ユリ科 LILIACEAE
【撮影日】2005/06/20、2005/05/19
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
シラー・ぺルビアナ

■Trackback People : ガーデニング

posted by hanaboro at 19:28| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(1) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラスノゴマ

カラスノゴマ Corchoropsis tomentosa


カラスノゴマは、本州、四国、九州に分布し、道ばたや畑などに生育する一年草です。茎はまっすぐ伸びて、草丈は30cm〜80cmくらいになります。シナノキ科カラスノゴマ属に分類されています。シナノキ科といえば木本が多いのですが、カラスノゴマは草本です。茎や葉など、全体に細かい「星状毛」が生えています。

葉は互生。卵形で、長さは5cm内外。両面に毛がありますが、特に裏面には密生して白っぽく見えます。

カラスノゴマ Corchoropsis tomentosa
2005/06/20 芽生え
カラスノゴマ Corchoropsis tomentosa
2004/10/07 若い果実


花期は8月〜9月。葉の脇(葉腋)に1つずつつ、下向き加減に開きます。花弁は5枚で、比較的鮮やかな黄色。花の直径は1.5cmほどです。「放射相称」で、プロペラのようなつき方です。ガク片は細長い線形で後に反り返ります。このガクにも星状毛がはえています。雄しべの数には、ややばらつきがあって、10本〜15本。さらに、通常の雄しべよりも長く突き出た「仮雄しべ」も5本くらい。

果実は「さく果」で、長さは3cmくらいの細長い棒状。果実はほぼ上向き。果実にも星状毛があります。その毛の様子や、やや湾曲したところなどは、イモムシみたい。熟すと3つに裂けます。名前は、種子の色や形が「ゴマ」に似ているところからきているそうです。ただし、カラスノゴマは、食用にはならないとか。

【和名】カラスノゴマ [烏の胡麻]
【学名】Corchoropsis tomentosa
【科名】シナノキ科 TILIACEAE
【撮影日】2005/06/20、2004/10/07
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 16:42| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 芽生え・幼植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。