2005年06月23日

ホオズキ

ホオズキ Physalis alkekengi var. franchetii


ホオズキは、ふつうはアジア原産で、かなり古い時代に日本に入ってきたとされる多年草です。よく観賞用に栽培されるほか、しばしば、田畑や人家の周辺で野生化しています。また、根を乾燥させたものは咳止めなどの薬用になるとか。東京の浅草寺のホオズキ市は有名です。

草丈は50cm〜90cm。長い地下茎によっても繁殖します。葉は「互生」。でもよく同じ節から2枚ずつついているのが見られます。それでまるで「対生」しているかのように見えてしまいます。2枚ついている部分をよく見ると、茎の同じ側から2枚です。ふつうの対生の場合は、茎をはさんで向かい合った位置に2枚つきます。それに対して、ホオズキの場合は、2枚1組になった葉が互生している感じです。葉の形はやや幅の広い卵形で、長さは5cm〜10cm程度。縁のギザギザ(鋸歯)は、大きく粗いもの。

ホオズキ Physalis alkekengi var. franchetiiホオズキ Physalis alkekengi var. franchetii


花期は6月〜7月。よく目立つ果実の様子に比べるとひっそりと地味な花を咲かせます。葉の脇(葉腋)から出た花柄の先に1つずつ下向きに開きます。色は淡い黄白色、中央付近は黄緑色。花冠は杯形で先は5つに裂けます。正面から見ると直径平たい5角形で白い毛が密生しています。同じナス科でおなじみの園芸種、「ペチュニア」や「カリブラコア」の花に似てるところもあるかな?まあ、それはともかく、見るからに「ナス科」って感じの花です。

ガクは花が咲いているころには、まだ小さくて、長さ5mmほどの筒形です。先は浅く5つに裂けています。雄しべは5本。

果実は、花の後に大きく袋になった「ガク」に包まれています。このように、果実が熟すまで脱落せずに残っているガクのことを「宿存ガク」といいます。熟すと中の果実(液果)もガクも朱色になります。大きくなった袋状のガクの長さは5cmくらい。色づいたときもよいですが、秋にガクが網目状の脈だけになって、中の「プチトマト」のような果実が透けて見える状態もおもしろいもの。

ホオズキの液果は「内果皮」と「中果皮」と呼ばれる部分が、水分の多い多肉質です。そして、1本の雌しべがたくさんの「心皮」からできていて、種子は多数できます。こういう液果を「しょう果」または「複しょう果」といいます。ちなみに、属名の「Physalis」は、「physa (水泡または気泡)」に由来するのだそうです。

【和名】ホオズキ [酸漿、鬼灯]
【学名】Physalis alkekengi var. franchetii
【科名】ナス科 SOLANACEAE
【撮影日】2005/06/18
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : ガーデニング

posted by hanaboro at 20:13| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(3) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クチナシグサ

クチナシグサ Monochasma sheareri
2004/06/15

クチナシグサは、本州関東以西、四国、九州に分布し、山野の林内や草地などに生える二年草です。茎の長さは15cm〜30cmくらいになりますが、特に下部の方は地面をはってのびるので、高さはもうちょっと低くなっていることもあります。

下部につく葉は小さくて鱗片状。茎の下部には少し白っぽい毛があります。上部の葉は対生。葉は細長い線形で先はちょっととがっています。長さは2cm〜3cm程度。若い時期の葉は赤っぽい。いたるところ「線形」によって形作られたような植物。ヒョロヒョロと華奢なこの「クチナシグサ」は「半寄生性」。

クチナシグサ Monochasma sheareri
2004/04/30 花とガク
クチナシグサ Monochasma sheareri
2004/04/03 若い葉


花期は4月〜5月。花は葉の脇(葉腋)につきます。花冠は淡い紅紫色、外側が濃いめの色。長さ1cmくらいの「唇形花」。先は上唇と下唇に分かれていて、さらに上唇は2つ、下唇は3つに裂けます。下唇の真ん中の裂片(中央裂片)には、黄色の隆起した点々があって、小さな花のちょっとしたアクセント。雄しべは4本ありますが、長短2本ずつ。先端が上唇にくっついたような状態。

ガクは先端から半分以上長さの部分が4つに裂けて、その裂けたガク片の1つ1つは線形で、大きく開き反り返り気味になります。つまり、裂けていない筒状の部分より裂けたガク片の部分の方が長くなっているわけです。ガクは花後に大きくなって、果実を包みます。また、筒の部分には隆起した脈状のものが目立ちます。さらに筒部のすぐ下には2枚の「苞」があって、この苞は葉を短くしたような形状です。

果実は「さく果」で、長さ8mm程度の卵形。熟すと2つに裂けます。一番上の写真では、すでにガクが2つに裂け、果実の部分も開きかけています。種子は長さ1mmほどの小さな卵形。

名前は、大きなガクがよく目立ち、その果実の形が「梔子」の果実に似ているところからきているそうです。

【和名】クチナシグサ [梔子草]
【別名】カガリビソウ
【学名】Monochasma sheareri
【科名】ゴマノハグサ科 SCROPHULARIACEAE
【撮影日】2004/06/15、2004/04/30、2004/04/03
【撮影地】東京都八王子市

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 17:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。