2005年07月09日

ササバギンラン

ササバギンラン Cephalanthera longibracteata
2004/06/15 若い果実

ササバギンランは、北海道、本州、四国、九州に分布し、山地や丘陵地の雑木林などに生える多年草です。茎はまっすぐのびて、草丈は20cm〜50cmほど。数枚の葉が互生します。葉柄はなく基部は茎を抱きこむようにつきます。同じような場所に生え、よく似た「ギンラン (Cephalanthera erecta)」よりもふつうは大きめです。

下部の葉は、幅の狭い長楕円形。長さは5cm〜15cmくらい、先はとがっています。その名の通り、「ササ」の葉を思わせるような葉です。茎の上部では「苞葉」となりますが、ほとんど葉と同じような形状の2枚ほどは、長く上方にのびて場合によっては、花序よりも長く突き出していることがあります。「ギンラン」の方は多くの場合、苞葉が短いので、花序は葉よりも上に突き出しているのがふつうです。平行に走る葉脈が隆起して、シワのように見えます。

写真にはまったく写っていませんが、茎には線状に突き出たような「稜」があって、それに沿って細かい毛が生えています。そして、花序や子房の部分にも細かい毛があります。さらに、葉の縁や裏面にも細かい毛があって、この点も「ギンラン」との区別点となっています。ギンランの方は茎や葉に毛がありません。

ササバギンラン Cephalanthera longibracteata
2004/04/30 茎の下部の葉

花期は5月〜6月。茎の上部の花序に数個つきます。花の長さは1cmちょっとくらいの白色。先端が少しだけ開く程度で、平たく開くことはありません。「外花被片」3枚と「内花被片」3枚がありますが、外花被片はガク片にあたるもので、内花被片のうちの2枚は「側花弁」といい、残りの1枚はかなり形の違う「唇弁」です。唇弁のつけ根には短い「距」があります。

6月半ばにもなれば、若い果実が見られます。梅雨の雨に打たれて背の低い個体は、葉も果実もドロをかぶっていることもしばしば。筆者の近辺、関東のとある丘陵地では、ササバギンランは、同属の「キンラン」に比べると、個体数が少ないわけではないかもしれません。でも、多様性の高い個体群を維持するには、十分な個体数ではなさそうです。写真は昨年(2004年)のものですが、今年も運よく果実をつけた個体がありました。熟した果実から大量に出される種子のうち発芽から開花個体にまで生長できる数は、ごくわずかなもの。野生のランの1個体がどれほど貴重なものなのか、泥まみれの若い果実を見ながら、改めて胸に刻むここ数年の梅雨時です。

【和名】ササバギンラン [笹葉銀蘭]
【学名】Cephalanthera longibracteata
【科名】ラン科 ORCHIDACEAE
【撮影日】2004/06/15
【撮影地】東京都

■当ブログ内関連記事
キンラン

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 20:37| 東京 ☔| Comment(12) | TrackBack(2) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オオマツヨイグサ

オオマツヨイグサ Oenothera glazioviana


オオマツヨイグサは、北アメリカ原産の種がヨーロッパで改良された園芸品種だといわれています。多くの場合、二年草と記述されています。日本に入ってきたのは、明治の初期のころで、やはり観賞用として導入されました。その後、逸出、野生化して、日本全国に広がったそうです。しかし、現在ではオオマツヨイグサはやや減少し、少し遅れて渡来したといわれる「メマツヨイグサ」の方がふつうに見られるようになっています。

草丈は80cm〜1.5m以上。全体に開出した毛が密生。毛はしばしば、根元が膨らんで赤みを帯びた突起状になっているので、茎をよく見ると赤い点々がみられます。この毛がかたいので、茎はざらつきます。冬に見られる根生葉は、メマツヨイグサの場合、先がとがるのに対して、オオマツヨイグサの場合は先が丸くなる傾向があります。のびた茎の葉ではどちらも先がとがりますが、オオマツヨイグサでは葉の表面がより強く波打ちます。中央脈は白っぽい。葉は長さ10cm前後、卵状披針形。縁には浅いギザギザ(鋸歯)があります。

オオマツヨイグサ Oenothera glazioviana


花期は7月〜9月。花は、茎の上部の葉の脇(葉腋)に1つずつつきます。鮮黄色の大きな4弁花。直径は6cm〜8cm。メマツヨイグサよりも大きく華やかに見えます。夕方、開花し、翌日の午前中にはほとんどしぼんでしまいます。雄しべは8本。雌しべは1本ですが、先端の柱頭が4つに裂けて目立ちます。花がしぼんでも、先からのぞいていることも。メマツヨイグサはしぼむと赤みが強くなりますが、オオマツヨイグサはあまり赤くならず白っぽくなります。

オオマツヨイグサ Oenothera glazioviana


花には長い柄があるように見えていますが、これは花柄ではありません。蕾の状態でみると、少し赤みがかっていて長い毛が目立つ部分は、「ガク片」で、4つあります。ガク片の先は細長くとがっていて、蕾の時点で、ほんの少し開いた状態になっています。

そして、ガク片の下の部分が3cm〜5cmくらいの細長い筒になっています。さらに、その下のつけ根の少し色が濃く、ちょっとだけ太くなっている部分には「子房」があります。果実はこの部分が大きくなってできます。

果実は円柱形の「さく果」で、長さは2cm程度。熟すと4つに裂けますが、裂片の反り返り方は少なめ。

【和名】オオマツヨイグサ [大待宵草]
【学名】Oenothera glazioviana
【科名】アカバナ科 ONAGRACEAE
【撮影日】2005/07/07
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
メマツヨイグサ
コマツヨイグサ

■Trackback People : Yellow Flowers

posted by hanaboro at 16:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。