2005年07月13日

サフランモドキ

サフランモドキ Zephyranthes carinata


サフランモドキは、中央アメリカ原産の多年草です。日本にもたらされたのは、江戸時代のことだったとか。観賞用に栽培されるほか、比較的暖かい地域では人家周辺などで野生化しているのが見られます。

地下の鱗茎は直径2cmほど、以外にも小さな球根植物。葉は長さ30cmほどの細長〜い線形で3枚〜6枚が「束生」します。ちょっと分厚くて濃い緑色。全体に無毛です。

サフランモドキ Zephyranthes carinataサフランモドキ Zephyranthes carinata


花期は6月〜9月。10cm〜30cmの花茎をのばして、先端に紅紫色の花を1つずつつけます。直径は6cm〜8cmほど。花弁に見える「花被片」は6枚、縦すじが目立ちます。花被片は内花被片が3枚、外花被片3枚からなりますが、ほとんど同じ形で同じ大きさです。花被片の基部の方は少し白っぽくなって、くっついて筒状になっています。雄しべは6本で、先の「葯」は長く「花糸」にT字型について、オレンジ色でよく目立ちます。雌しべは1本、白くて雄しべよりも長く突き出しています。先端の柱頭は3つに裂けます。「子房」は花被片よりも下につく「子房下位」です。

やや小型の直径3cm〜4cmくらいで、白色の上向きの花を咲かせる「タマスダレ (玉簾 Zephyranthes candida)」も同じ属に分類されています。ちなみに、属の学名「Zephyranthes」というのは、「西風+花」に由来しているのだそうです。また、雨が降った後、数日後に花が咲くということで、「レインリリー」とも呼ばれています。「サフラン (Crocus sativus)」に似ているから「サフランモドキ」という名前になったとか、はじめにサフランと間違えられたからなどといわれているようですが、花色、大きさなど、それほど似ているとはいえないかもしれません。サフランはアヤメ科の植物ですし。

【和名】サフランモドキ
【別名】ゼフィランサス、レインリリー (Rain lily)
【学名】Zephyranthes carinata (Zephyranthes grandiflora)
【科名】ヒガンバナ科 AMARYLLIDACEAE (ユリ科 LILIACEAE)
【撮影日】2005/07/07
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : ガーデニング

posted by hanaboro at 18:30| 東京 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。