2005年07月16日

ザクロソウ

ザクロソウ Mollugo pentaphylla


ザクロソウは、本州、四国、九州に分布し、畑や道ばたなどに生える一年草です。茎に毛はなく、草丈は10cm〜25cm程度ほど。ツルナ科ザクロソウ属の植物です。名前は、ザクロ科の落葉小高木「ザクロ」に似ているところからきているそうです。

葉は長さ1cm〜3cmの細長い線形〜披針形で、少し分厚くちょっと多肉植物の雰囲気、表面には光沢があります。茎の下部の葉は3枚〜5枚が偽輪生しますが、上部の方では2枚対生します。ちなみに「偽輪生」というは節間がつまって輪生しているように見える場合をいいます。

ザクロソウ Mollugo pentaphyllaザクロソウ Mollugo pentaphylla


花期は7月〜10月。茎の上部の「集散花序」に、まばらに小さな花をつけます。花弁はなく、直径は3mmくらい。一見、花弁のように見えるのはガク片です。ガク片は淡い黄緑色で、5つあります。雄しべは3本〜5本。中央には丸っこくずんぐりとした「子房」があって、先端の花柱は3つあります。果実は直径2mmほどの球形。

【和名】ザクロソウ [柘榴草]
【学名】Mollugo pentaphylla
【科名】ツルナ科 AIZOACEAE
【撮影日】2005/07/16
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 18:42| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 蕾図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。