2005年07月24日

スベリヒユ

スベリヒユ Portulaca oleracea
2005/07/16 瑞々しい葉

スベリヒユは、日本全土に分布し、道ばたや畑などの日当たりのよい場所にごくふつうに生える一年草です。古い時代から世界中に帰化していたそうで、原産地は熱帯アジアともいわれています。

スベリヒユ科スベリヒユ属の植物ですが、この科の分布の中心は南半球やアメリカ太平洋岸で、世界的に500種ほどが知られています。同じ属には南アメリカ原産の「マツバボタン (Portulaca pilosa subsp. grandiflora)」や「ハナスベリヒユ (ポーチュラカ)」などがあります。ハナスベリヒユの方は「Portulaca oleracea」という学名が表記されていることもあって、スベリヒユから改良された園芸品種なのだと思います。花の大きさ色の豊富さは違いますが、葉の感じは似ています。

茎は赤紫色を帯びることが多く、よく枝分かれして地面をはうように広がり、上部の方は斜めに立ち上がります。茎の長さは10cm〜30cm。葉や茎は多肉質で毛はなく、独特の光沢でツルツルと滑るような感じのあるところから「スベリヒユ」という名前がついています。「ヒユ」とはまったく別の植物ですが、スベリヒユも食用になります。葉は長さ1cm〜2.5cm。先のほうが丸みのある楕円形。茎の上部の方では葉がやや集まってつきます。

スベリヒユ Portulaca oleracea
2004/11/23 秋には赤みが増す

花期は7月〜9月。茎の上部で葉が集まった部分に数個、小さな花をつけます。日が当たると直径6mm〜8mmの黄色の花が開きます。黄色の「花被片(または花弁)」は5枚、そして「小苞(またはガク片)」が2枚あります。

果実は「蓋果(がいか)」といって、上半分がふたのようになっています。果実が熟すと横にわれて、そのふたの部分がはずれてなくなってしまいます。果実の長さは5mm程度。中には黒っぽい小さな種子がたくさん入っていて、褐色の「種柄」がちっちゃくモシャモシャッと見えます。

【和名】スベリヒユ
【学名】Portulaca oleracea
【科名】スベリヒユ科 PORTULACACEAE
【撮影日】2005/07/16、2004/11/23
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : 多肉なPeople
育て方や増やし方の記事ではないのですが。。。

posted by hanaboro at 17:40| 東京 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。