2005年08月04日

シバ

シバ Zoysia japonica


シバは、日本全土に分布し、山野の日当たりのよい草地などにふつうに見られる多年草です。イネ科シバ属の植物。庭などによく用いられるのは、同じ属では「コウシュンシバ (Zoysia matrella)」や「コウライシバ (Zoysia pacifica)」などです。また、「シバ」という名前は、「細葉」、あるいは「繁葉」という意味からきているといわれています。

茎は地面を長〜くはって、よく分枝もします。そして地上茎の節から「ひげ根」を下ろし葉が上にはそう生します。葉は線形で先はとがっていて、基部の方には毛があります。長さは2cm〜10cm、幅は3mm〜4mm。

シバ Zoysia japonicaシバ Zoysia japonica


花期は5月〜6月。花茎は節からまっすぐのびます。花茎の長さは10cm〜20cmくらいで、そのうち上部の花穂の部分は3cm〜5cmで、円柱形というか紡錘形というか棒みたいな状態です。花穂にはたくさんの「小穂(しょうすい)」というイネ科の花序がつきます。小穂は濃い赤褐色で、花穂は黒っぽく見えます。1つ1つの小穂の長さは3mm程度の小さなもので、花穂に密着しています。

1つの小穂には1つの小花があって、それが「苞頴(ほうえい)」に包まれています。イネ科では苞頴が2つあるのがふつうですが、シバでは下の「第1苞頴」が退化しているので、小花は「第2苞頴」に包まれています。花穂を見たときに、光沢のある革質のものが、その「第2苞頴」という部分です。雌しべが雄しべより先に成熟して、苞頴の外にのびてきます。雄しべが成熟するころには雌しべの先はその役目を終えてしおれてきます。

シバ Zoysia japonicaシバ Zoysia japonica


地面をほふくする茎は、乾燥してかたくなった地面でも、コンクリートの上でもお構いなしにのびていきます。さすがにコンクリート上にはひげ根は出ても中にのばすことはできないでしょうね。でも、隙間に土壌があったら可能かもしれませんね。

【和名】シバ [芝]
【別名】ノシバ[野芝]
【学名】Zoysia japonica
【科名】イネ科 POACEAE
【撮影日】2005/07/25、2004/05/01
【撮影地】東京都日野市、八王子市

■Trackback People : 野草people



Zoysia japonica
posted by hanaboro at 20:03| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。