2005年08月21日

モミジアオイ

モミジアオイ Hibiscus coccineus


モミジアオイは、北アメリカ原産のアオイ科フヨウ属(Hibiscus)の植物です。茎は直立して高さは2mほどまでなります。茎はふつう無毛で、白い粉を吹いたような感じ。ほとんど途中で枝分かれせず、直立します。

葉は互生で、長めの葉柄があります。名前の通り、葉は3つ〜5つに深く切れ込んでモミジのような形をしています。葉身の長さは15cm〜20cmほど。縁のギザギザ(鋸歯)はやや不ぞろい。切れ込みの度合いは少し変異があるようで、今回の写真のものはやや浅めの切れ込みです。

モミジアオイ Hibiscus coccineusモミジアオイ Hibiscus coccineus


花期は8月〜9月。花は茎の上部の葉の脇(葉柄)から、長めの花柄を出して、その先に1つずつついています。茎の上部は節間がつまっているので、蕾のときなどは、1つの花序に数個の花がかたまってついているように見えることもありますが、ふつう1つの節につく花は1つ。茎の下部についた花ほど花柄は長くなっています。

花は直径15cmほどの5弁花。横向き〜やや上向きに開きます。1つの花は1日だけでしぼんでしまう「一日花」。花弁は濃い赤色〜桃色、特に基部の方は幅が細めで正開したときに、花弁と花弁の間が開いています。

雄しべや雌しべの状態は、他のフヨウ属の植物と同様で、ブラシのようなものが、花の中央から突き出しています。ムクゲやフヨウよりは、細長い筒状の部分が長く、より細長く突き出しています。一番先に突き出しているのは雌しべで、先端の柱頭は5つあります。雄しべと雌しべはくっついていて、長い雌しべのまわりを、筒状に集まった雄しべ群が包んだような状態になっています。

花が終わると、受精できなかった花は、花柄の途中のやや太くなっている部分から先が、丸ごとボロっと落ちてしまいます。

モミジアオイ Hibiscus coccineusモミジアオイ Hibiscus coccineus


モミジアオイは、中国名から別名「紅蜀葵(コウショッキ)」とも呼ばれます。これに対する名前で登場するのが、「黄蜀葵(オウショッキ)」。こちらは花弁が黄色で、「トロロアオイ (Abelmoschus manihot)」の別名です。同じアオイ科ですが、トロロアオイの方はトロロアオイ属に分類されています。

【和名】モミジアオイ [紅葉葵]
【別名】コウショッキ [紅蜀葵]
【学名】Hibiscus coccineus
【科名】アオイ科 MALVACEAE
【撮影日】2005/08/17
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
フヨウ
ムクゲ
アメリカフヨウ
ハイビスカス

■Trackback People : ガーデニング

posted by hanaboro at 19:11| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミヤマハンノキ

ミヤマハンノキ Alnus crispa subsp. maximowiczii


ミヤマハンノキは、アジア東北部に分布し、日本では北海道、本州中部以北、大山の一部に見られる落葉低木です。カバノキ科ハンノキ属(Alnus)に分類されています。亜高山帯〜高山帯に生育し、高さは2m〜6m、ときにそれ以上。ふつう標高が高いところに生育するのもほど高さは低くなります。低木状になったものでは下部からよく分枝して広がります。

葉は互生。1cm〜3cmくらいの葉柄があり、葉身は幅の広い卵形で、長さは5cm〜10cm、先はとがっています。表面は濃い緑色で光沢があり、裏面は葉の側脈は8対〜12対、裏面に隆起し、表面から見ると深く刻み込まれたようになっています。縁の鋸歯(ギザギザ)は大きいギザギザや小さいギザギザがあって、ちょっと不規則。小さいギザギザは非常に細かいです。鋸歯の先はやや長くとがる感じ。裏面には「腺点」があるので、ちょっとネバネバ。

ミヤマハンノキ Alnus crispa subsp. maximowiczii


花期は5月〜7月。葉が開くのと同時に開花し始めます。花は「単性」で雄花と雌花がありますが、同じ個体につく「雌雄同株」です。雄の花序は長さは4cm〜5cmで、下向きにのび、垂れ下がります。雌の花序はやや幅の狭い卵形で、散房状に上向きに数個が集まってつきます。雄花序は「花芽」からのび、雌花序は「混芽」からのびます。1つの混芽から出るのは数個の雌花序と2枚の葉。雄花序は黄褐色でふつう柄がありませんが、雌花序は紫褐色で有柄。

9月〜10月ごろ、果実(堅果)が熟します。幅の広い楕円形で、小さな松ぼっくりのような「果穂」は、長さ1cm〜1.5cmほど。扇形の「果苞(果鱗)」が連なっていますが、この部分は熟すと木質化して外側に開いてきます。ダケカンバだと果鱗は先の方から落ちていきますが、ミヤマハンノキの果鱗は落ちずに残ります。

【和名】ミヤマハンノキ [深山榛の木]
【学名】Alnus crispa subsp. maximowiczii
【科名】カバノキ科 BETULACEAE
【撮影日】2004/08/27
【撮影地】長野県長谷村

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 13:20| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。