2005年08月30日

タカサブロウ

タカサブロウ Eclipta thermalisタカサブロウ Eclipta thermalis


タカサブロウは、本州、四国、九州に分布し、水田の周辺や川べりなど湿り気の多い場所に見られる一年草です。キク科タカサブロウ属(Eclipta)の植物で、稲作とともに入ってきた「史前帰化植物」の1つと考えられています。タカサブロウという名前は、まるで人の名前みたいですけれど、残念ながらその由来ははっきりしないそうです。人の名前だとする説もありますし、「多々良比 (タタラビ)草」から転訛したものともいわれています。

草丈は10cm〜60cm。茎や葉の両面には短い剛毛がたくさん生えていて、触るとかなりザラザラします。節間の上部が少しふくらむ傾向があります。茎を切ってしばらく置いておくと、切り口が黒くなってきます。葉は対生。長さ4cm〜10cm、幅1cm〜2.8cmの披針形。

タカサブロウ Eclipta thermalis


花期は7月〜9月。頭花は直径1cmくらい。白色の「舌状花」と淡い緑白色の「筒状花」があって、両方とも結実します。舌状花は周辺部に2列あり、筒状花の先は4つに裂けています。「総苞」は半球形〜鐘形です。「総苞片」は2列、外片が内片よりも長くなっています。

そう果は長さ3mm程度。3〜4稜形で冠毛はありません。舌状花によってできたそう果は3稜形、筒状花によるものは4稜形。まわりには透明な膜状の「翼」があります。キク科の植物ですが、タンポポのような綿毛(冠毛)がないので、種子は熟すとボロボロと落ちて水に流されて運ばれます。

また、1981年に確認された「アメリカタカサブロウ (Eclipta alba)」とは、とてもよく似ています。こちらの方は水田の周辺のほか、やや乾燥したところでも見られます。アメリカタカサブロウの方が葉が細くて、そう果には「翼」がないことが区別点です。

■タカサブロウとアメリカタカサブロウ

葉の大きさそう果の形状
タカサブロウ長さ4cm〜10cm
幅1cm〜2.8cm
幅が広い
長さ2.6mm〜3.1mm
幅1.5mm〜2.0mm
周辺に膜状の翼あり
アメリカタカサブロウ長さ6cm〜10cm
幅8mm〜1.8cm
細長く鋸歯が明瞭
長さ2.4mm、幅1.9mm
翼はない


写真の個体は、葉の鋸歯はよくわかるものの、幅は広く長さは短めです。そう果はまだできていないため、確実な同定ではありません。花ではなく果実の時期でないと同定が難しいものの1つと言えるかもしれませんね。

【和名】タカサブロウ [高三郎]
【学名】Eclipta thermalis
【科名】キク科 COMPOSITAE (ASTERACEAE)
【撮影日】2005/08/29
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : 野草people


posted by hanaboro at 21:57| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アオゲイトウ

アオゲイトウ Amaranthus retroflexus
花期の姿
アオゲイトウ Amaranthus retroflexus
茎の様子


アオゲイトウは、熱帯アメリカ、北アメリカ原産の一年草です。温帯〜熱帯の地域に広く帰化してします。日本での最初の記録は1912年のことだそうで、現在では、日本各地の畑や草地、道ばたなどで見られます。

ヒユ科ヒユ属(Amaranthus)に分類されています。同属の植物には、同じようなところに生え、よく似たものがあります。例えば、「ホソアオゲイトウ」や「イヌビユ」です。これらも帰化植物で、畑や道ばたなどに生えるいわゆる「雑草」です。古い図鑑ではよくホソアオゲイトウよりは稀だと書かれていますが、特に珍しいというわけでもないと思います。

草丈は40cm〜1.5m。茎はしばしば紫褐色を帯び、軟毛が生えています。葉は互生。長さ5cm〜10cmのひし形状の卵形。特に上部の葉の先はとがります。表面には毛が少なめですが、裏面には軟毛があります。葉柄は2cm〜7cmくらいです。

アオゲイトウ Amaranthus retroflexusアオゲイトウ Amaranthus retroflexus


花期は7月〜11月。茎の先や上部の葉の脇(葉腋)から花穂を出して、小さな花をたくさん密につけます。花穂は全体として円錐状に見えます。雄花と雌花がありますが、穂には両方が混じってついています。雄花の花被片は先がとがり、雌花の花被片は先が丸っこくなっています。雌しべの先は3つに分かれています。花被片は長い「苞」に包まれています。苞は、長さ5mmくらいで、先が芒状に細長くとがります。

花穂は黄緑色〜白緑色。円錐状で直立します。1つ1つの花穂の幅は1cm前後。上部では短い横枝がたくさん出ます。といっても、ホソアオゲイトウよりは枝は少なめで、枝の長さも短いです。花被片は長さ3mmくらいで5つあります。果実は「胞果」といって、種子は薄い膜状の果皮に1つずつ包まれています。その胞果は花被より明らかに短いです。果実は熟すと、横に裂けます。種子は褐色で直径1mm程度、テカテカとした光沢があります。

■よく似た種との簡単な見分け方

イヌビユは、苞が小さく目立たないこと、葉の先が丸いか凹んでいることがよい区別点。また、ホソアオゲイトウの場合は、花穂が細いこと、横枝の数が多いことによって、全体的な姿が違って見えることが多いです。

【和名】アオゲイトウ [青鶏頭]
【英名】redroot pigweed
【学名】Amaranthus retroflexus
【科名】ヒユ科 AMARANTHACEAE
【撮影日】2005/08/29
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 17:18| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(1) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。