2005年08月31日

ヒメムカシヨモギ

ヒメムカシヨモギ Conyza canadensis
花穂の一部

ヒメムカシヨモギは、北アメリカ原産の越年草で、温帯〜熱帯の地域に広く帰化しています。日本に入ってきたのは、明治の初めごろのことだそうで、その後、急速に各地に分布を広げたといいます。当時、鉄道の線路に沿って広がったことから、「テツドウグサ(鉄道草)」、「メイジソウ(明治草)」、「ゴイッシンソウ(御一新草)」などと呼ばれていたとか。現在では、各地の道ばたや荒れ地などで

ふつうは秋に芽生えて、ロゼットの状態で越冬し、翌年の夏〜秋にかけて開花します。根生葉はヘラ形で、しばしば縁のギザギザ(鋸歯)は大きく丸い切れ込みになって、羽状に裂ける感じです。

茎は直立して上部のほうで枝分かれします。草丈は1m〜2m。茎には開出する毛がたくさん生えています。葉は互生。長さ7cm〜10cm、幅1cm〜1.5cmの細長い線形。縁の鋸歯はまばらで、長い毛があります。葉の色は明るめ。

ヒメムカシヨモギ Conyza canadensis
茎や葉の縁に毛がある

花期は8月〜10月。茎の上部の円錐花序にたくさんの頭花をつけます。花の周辺部には「舌状花」が1列並んでいます。その舌状花は白色で、先は浅く2つに裂けます。そして花の中央部分には「筒状花(管状花)」があります。「総苞」は筒形で幅2mmほど、「総苞片」は線形で淡い緑色、毛が1列に並んで生えています。総苞片の列の数は何だか不明瞭ですが、だいたい3列です。「そう果」は長さ1mm、淡い褐色の「冠毛」があります。

よく似た「オオアレチノギク」との大きな違いは、ヒメムカシヨモギは明らかに「舌状花」があることがわかること。「ケナシヒメムカシヨモギ」は、葉がほとんど無毛、総苞片も無毛など、名前のとおり全体に毛がないことで区別されます。

■ヒメムカシヨモギとオオアレチノギク

葉の毛茎の毛頭花の様子
ヒメムカシヨモギ縁と裏面脈上ややまばら舌状花が明瞭
総苞片の毛が少なめ
オオアレチノギク両面にある
特に裏面には多い
開出毛が密生舌状花が目立たない
総苞片の毛が多い


【和名】ヒメムカシヨモギ [姫昔蓬]
【学名】Conyza canadensis (Erigeron canadensis)
【科名】キク科 COMPOSITAE (ASTERACEAE)
【撮影日】2005/08/29
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
オオアレチノギク

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 19:23| 東京 🌁| Comment(8) | TrackBack(1) | 茎など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。