2005年09月13日

コシオガマ

コシオガマ Phtheirospermum japonicum


コシオガマは、北海道、本州、四国、九州に分布し、林縁部や草地などに生育する一年草です。ゴマノハグサ科コシオガマ属(Phtheirospermum)に分類されています。高山植物としておなじみのシオガマギク属の「ヨツバシオガマ」や、山地帯に生える「シオガマギク」などとは、似ている部分もありますが別属です。茎や葉など全体に、長くて柔らかい「腺毛」が密生しています。腺毛はよく目立ち、全体に白っぽい印象になります。そして、かなり粘液が出ていて、触るとベタベタです。

葉は対生。長さは2cm〜3cm程度で、三角形に近いような卵形です。縁にはちょっと不規則な鋸歯(ギザギザ)があります。シオガマギクよりは柔からそうに見えます。

コシオガマ Phtheirospermum japonicumコシオガマ Phtheirospermum japonicum


花期は9月〜10月。大きな個体ではたくさん枝分かれし、花はそれぞれの枝の上部の葉の脇(葉腋)に1つずつ、葉が対生しているので、同じ節に1つか2つ花がつく形になります。花冠は紅紫色で、長さは2cmくらい。上唇と下唇にわかれる「二唇形」です。上唇は浅く2つに裂けて裂けた裂片は外側にペターッと激しく反り返ります。下唇は上唇よりも大きくて横にビラビラと広がります。下唇の先は3つに裂けて、裂片はやはりちょっと巻くように反り返ります。

下唇の真ん中の裂片には、よく目立つふくらみが2つあって、そこには紅紫色の点々模様と白い毛があります。蕾のときの裂片はギュッとかたまっているのですが、裂片のたたまれている順序があって、内側から上唇、下唇の側裂片、中央裂片の順で折りたたまれています。

花のつけ根には、釣鐘形のガクがあって、先は5つに裂けています。さらに裂片の縁は細かく切れ込みます。そのガクにも、花冠の外側にも、花後の果実にもたくさんの腺毛が密生しています。とにかくいたるところ腺毛だらけです。

学名の「Phtheirospermum」は、コシオガマ属の学名で、「phteir(シラミ)+sperma(種子)」という意味があります。種子が1mmくらいで果実(さく果)の中につまっているからなのか、模様があるからなのか。。。ちなみに、シオガマギク属の方の学名「Pedicularis」も、「シラミ」という意味です。見た目のよい花からは想像つかないような学名だなぁと思いますけどね。また、コシオガマの種小名の「japonicum」には、そのまんまで、「日本の」という意味があります。ですが、日本固有種というわけではなくて、中国や朝鮮半島、台湾にも分布しているそうです。

【和名】コシオガマ [小塩竈]
【学名】Phtheirospermum japonicum
【科名】ゴマノハグサ科 SCROPHULARIACEAE
【撮影日】2005/09/13
【撮影地】山梨県

■当ブログ内関連記事
シオガマギク
ヨツバシオガマ

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 18:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。