2005年09月26日

キンエノコロ

キンエノコロ Setaria pumila


キンエノコロは、北半球の温帯の地域に分布しています。日本でも北海道、本州、四国、九州の各地に分布し、道ばたや土手、田畑のあぜなど日当たりのよい場所にごくふつうに生育する一年草です。イネ科エノコログサ属、いわゆる、「ネコジャラシ」の仲間で、ツブツブの基部に生える剛毛が黄金色に輝いて、とても美しい種です。

茎(稈)は根もとからそう生して、基部の方ではちょっとかくっと曲がっています。そして、その曲がった節からやや斜め〜まっすぐに立ち上がって、草丈は30cm〜80cmほどになります。草丈だけを比べると「エノコログサ (Setaria viridis)」よりは高く、「アキノエノコログサ (Setaria faberi)」よりは低いという感じでしょうか。

葉は細長い線形で、長さ15cm〜30cm、幅は5mm〜1cmには満たないかなという程度。「エノコログサ」や「アキノエノコログサ」よりも細い葉です。表面はカサカサとして光沢はありませんが、質は少し硬めです。ある図鑑によれば、「葉の基部には長い毛がまばらに生えている」ということですが、上の方に見られる葉の基部をたどっても毛はない感じでした。一度刈り取られた場所ですし、踏みつけられてもいる感じだったので、本当のところはどうなのか不明なのですが、いかがでしょうか。

キンエノコロ Setaria pumilaキンエノコロ Setaria pumila


花期は8月〜10月。花序は円柱形で、まっすぐにのびます。長くのびたものでは多少、先が垂れ下がることはありますが、だいたいまっすぐです。フサフサの穂になった部分の長さは5cm〜15cmくらいです。よく似た「コツブキンエノコロ (Setaria pallidefusca)」だと、穂の部分が2.5cm〜4cmほど、小穂は2.5mmでちょっと小さめ、剛毛は少し紫色っぽいです。

ツブツブの「小穂」は長さ3mm〜3.5mmほどです。エノコログサ属の中では、この小穂の大きさは最大です。遠めにも大きいツブツブが目立つはずです。近くに緑色のエノコログサがあったら見比べてみるとさらによくわかると思います。また、黄金色〜黄褐色の剛毛は、その小穂の基部に5本〜8本生えています。剛毛の長さは1cm弱。剛毛を触るとザラザラするのは、剛毛にごく細かいトゲがあるためです。

【和名】キンエノコロ [金狗尾草]
【学名】Setaria pumila
【科名】イネ科 GRAMINEAE (POACEAE)
【撮影日】2005/09/17、2005/09/19
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
エノコログサ

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 20:30| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 茎など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひっつきむしの呼び方マップ

ひっつきむしの呼び方マップをつくろう!
(2005/09/27 update)

先日の「ひっつきむし」の記事には、たくさんの方からコメントをお寄せいただいて、とても感激しております。どうもありがとうございました。どんなふうに呼んでいるのかとか、どんなふうに遊んだとか、いろいろと懐かしいエピソードもお伺いできて、楽しませていただいております。

そこで、これをきっかけに、「ひっつきむしの呼び方マップ」を作ってみようかと思います。具体的には、先日の記事にいただいたコメントを含めて、日本地図に書き加えていきます。そして、この記事でも情報募集させていただきます。よろしかったら、コメント、トラックバック等、ご都合のよい方法でお寄せいただけたらと思います。

■ひっつきむしの代表格:オナモミの1種
オオオナモミ [大巻耳]
オオオナモミ Xanthium occidentale総苞が変化した雌花の「果苞」にカギ状のトゲがある。
【花期】8月〜11月
【学名】Xanthium occidentale
【科名】キク科 COMPOSITAE (ASTERACEAE)
【撮影】2004/04/23 東京都日野市


また、「うちの地域では、ひっつきむしです。」という場合も、お知らせいただけたらなあと。「ひっつきむし」という呼び方がどれくらい広く浸透しているのかとか、実は他の呼び方のほうが優勢なのかも、なんてことも見えてきたらいいなぁと。ひっつきむし全般でもいいですし、ある1種類についての呼び方でもOKです。特定の種類についてのみの場合は、それを明記してくださいませ。

なお、呼び方マップは、今のところ、画像化して掲載する予定です。お寄せいただく情報は、当然ですがすごく細かい住所である必要はありません。地域、または都道府県など公表可能な範囲で結構です。お願いしておきながら何なのですが、わたしは瞬発力が欠如してますので、実際にマップにするまでには、少々お時間をいただくことになると思います。どうぞ、ゆっくりめで、よろしくお願いします。



■これまでにお寄せいただいた情報

北海道
ひっつきむし…(札幌市)常葉さん「み〜つけた♪

東北
ばかの実…(福島県郡山市)知三朗さん「N家的生活・山と花と日記
バカ…(福島県郡山市)知三朗さん「N家的生活・山と花と日記
イジクサレ (ヒナタイノコズチ?)…(秋田)セイ。さん「まっくすこんぼ。

関東
ひっつきむし…(東京)タツヤさん「KAIGAN
くっつきむし…(東京)タツヤさん「KAIGAN

九州
くっつきぼう (オナモミ)…(北九州市)三里アキラさん

地域確認中
どろぼう…emiさん「花・観葉植物日記。



9/23の記事にいただいたコメントからの掲載分については、現在は未許可の状態です。不都合がありましたら、お知らせください。地域名など不明の場合は、今後、もし公表可能でしたら、掲載させていただきたいと思いますが、強制するものではないですので、どうぞご無理のなさらないように!


■お寄せいただきたい内容のまとめ

* ひつきむしの呼び方、または特定の種の呼び方
* その呼び方をしている(していた)地域
* お寄せくださった方のお名前(HN)
* Web Siteをお持ちの方で、リンク可の場合はURL

そのほか、ご意見ご感想は、ご自由に。また、コメントやTBの場合は、特に書いていただかなくてもOKなものもありますので、その辺りは臨機応変に。



■今回の記事のきっかけの1つは、「ごまのはぐさのこまごまことのは」さんの記事「あなたの町のゲンノショウコの花の色は?」です。寄せられた情報によって、どこでどんな色のゲンノショウコが見られたかというマップを作成しておられます。現在も情報募集中のご様子ですし、ぜひお尋ねになってみてください。(今回は内容的に直接の関係があるわけではないので、TBは控えております。)

■Trackback People : 身近な生き物

posted by hanaboro at 17:06| 東京 ☁| Comment(78) | TrackBack(2) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。