2005年09月30日

アレチヌスビトハギ

アレチヌスビトハギ Desmodium paniculatum


アレチヌスビトハギは、マメ科ヌスビトハギ属の植物で、北アメリカ原産の多年草です。最初に日本で採集されたのは1940年のことで、採集地は大阪だったそうです。現在では本州〜沖縄にかけて、道ばたなどの日当たりのよい草地に多く見られます。特に関東以西に多いのだそうです。

茎には毛が多く、よく枝分かれして、草丈は30cm〜1mほどになります。葉は3つの「小葉」からできていて、おおむね細長い披針形。形や長さには変異が多いですが、だいたい長さは5cm〜8cm、幅は2cm〜3cm程度。葉にも細かい毛が密生しています。

アレチヌスビトハギ Desmodium paniculatum


花期は9月〜10月。総状花序に花をつけます。マメ科らしい紅紫色の「蝶形花」で、長さは6mm〜8mmほど。このヌスビトハギの仲間の日本の在来種と比べると、明らかに花が大きくて、いわゆる「ハギ」のような印象です。

アレチヌスビトハギ Desmodium paniculatumアレチヌスビトハギ Desmodium paniculatum


果実は平べったくて、4つ〜6つの節に分かれる「節果」です。ヌスビトハギに比べるとくびれ方が小さいのか特徴。1つ1つの節果は「小節果」といいますが、その長さは7mmくらいです。1つの節の中に1つの種子ができます。

この節果をちょっとよく見ると、表面が白っぽくて、細かい毛に覆われていることがわかります。その毛はとても微細なものですが、先がカギのように曲がっています。果実の表面は細か〜いマジックテープ状態。このカギ状の部分によって、動物や人の衣服にくっつきます。日本の在来のヌスビトハギなどと同じで、これもまた、ひっつきむしの1つなんですね。

【和名】アレチヌスビトハギ [荒れ地盗人萩]
【学名】Desmodium paniculatum
【科名】マメ科 LEGMINOSAE (FABACEAE)
【撮影日】2005/09/29
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
マルバヌスビトハギ

■Trackback People : 帰化植物

posted by hanaboro at 21:25| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キンミズヒキ

キンミズヒキ Agrimonia pilosaキンミズヒキ Agrimonia pilosa


キンミズヒキは、北海道、本州、四国、九州に分布し、山野の林縁や草地、道ばたなどに生育する多年草です。バラ科キンミズヒキ属の植物で、草丈は30cm〜80cmほど、上部でよく枝分かれします。全体に長い毛が多いですが、毛の量には個体差があります。

葉は互生。長さ10cm〜15cmほどの「奇数羽状複葉」で、小葉は5枚〜9枚あります。小葉の大きさは大小あって一定ではありません。縁のギザギザ(鋸歯)は、鋭いというほどではないですがそれなりにはっきりと入っています。裏面には黄色っぽい腺点があります。葉のつけに根はよく目立つ大きな「托葉」があります。托葉には切れ込みがあって、縁はギザギザ、茎を囲むようについています。

キンミズヒキ Agrimonia pilosaキンミズヒキ Agrimonia pilosa


花期は7月〜9月。茎の上部で分かれた枝に長い総状花序をつけます。花は花序に密について、下から順に咲き進みます。1つの花の直径は8mm〜1cmくらいです。花弁は黄色の楕円形で、バラ科らしく5枚あります。花柄は短くて1mm〜2mm、花は花序にほとんどくっついた状態でつきます。雄しべは10本前後、雌しべは2本あります。よく似た「チョウセンキンミズヒキ (Agrimonia coreana)」だと、雄しべが20本以上になります。

花の下の部分には筒状の「ガク」があって、倒円錐形、つまり三角の帽子をひっくり返したような形になっています。そのガク筒には毛が多く、果実の時期には筒が大きくなってよく目立ちます。そのガク筒のつけ根には小さな「苞」が2つあって、その苞の先の方にはポツポツポツッと、ほんのちょっと出っ張った部分が3つあります。また、ガク片は5つですが、ガク筒のふちには、「副ガク片」が並んでいて、それがカギ状になっています。

果実は「そう果」で、ガク筒とガク片に包まれた状態で熟し、下向きにつきます。トゲつきのベルが鈴なり状態です。1つ1つの果実の長さは5mmほど、カギ状のトゲ(副ガク片)があって、動物の体や人の衣服にくっつきます。いわゆる「ひっつきむし」の1つです。しかし、この果実の形、変わっていますよね。一体、何の形と例えたらいいのでしょう。

名前の由来は、よくタデ科の「ミズヒキ」に似ていて、色が黄色だからといわれています。確かに花序は長い穂状になりますけれど、太さ、長さ、繊細さなどまるで違う感じです。似ているというのは、あまりしっくりこない感じがしますね。

【和名】キンミズヒキ [金水引]
【学名】Agrimonia pilosa
【科名】バラ科 ROSACEAE
【撮影日】2005/09/29
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
ミズヒキ

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 19:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。