2005年11月26日

イイギリ

イイギリ Idesia polycarpa


イイギリは、本州、四国、九州、そして沖縄まで分布し、山地に生育するイイギリ科イイギリ属の落葉高木です。高さは10m〜15mほどになり、まっすぐにのびた太い幹から、横方向に太めの枝をのばして、どこか異様な風格のある樹形です。下から見上げると車輪のような枝の広がり方をしています。非常に独特のものです。

樹皮は灰白色で、表面にブツブツしたものがたくさんありますが、ブツブツ以外の部分はだいたい滑らかで、裂けているわけではないです。そのブツブツというのは、「皮目」といって、そこで呼吸が行われています。

イイギリ Idesia polycarpaイイギリ Idesia polycarpa


葉は互生。先が尾状にとがった卵形、逆さに見たら、くぼんだ部分の小さなハート形。そのくぼんだ部分に小さなプツプツの「腺体」が見られます。ここにある腺体はふつう2つです。葉柄は長くて、10cm〜20cmほどもあり、赤みを帯びています。腺体は葉柄にも見られます。身近なところではサクラ類の腺体はよく知られているところですが、葉や葉柄に蜜腺のある植物は、他にもいろいろあって「アカメガシワ」や「キササゲ」などもそうです。

葉身の長さは10cm〜20cm、幅も同じくらい。縁の鋸歯(ギザギザ)は、やや大雑把で、伏せたような感じです。表面は濃いめの緑色、裏面は少し粉を吹いたような白っぽい緑色。付け根からのびる目立つ葉脈が5本〜7本あります。こういう葉脈のパターンは「掌状脈」といったりします。付け根から放射状に手のひらのような形になって複数の葉脈が出た状態です。

花期は3月〜5月。枝先から円錐花序が下垂します。花序の長さは10cm〜20cmほどです。雄花と雌花が別の株につく雌雄異株。雄花の方がちょっと大きめです。緑黄色の花には花弁がありません。ガク片は5つあります。秋には真っ赤に熟した果実が、たくさんブドウの房のように垂れ下がって、美しいものです。1つ1つの果実は直径1cmほどの球形です。

イイギリという名前は、葉が「キリ」に似ていて、飯を包むのにこの葉を使ったところからきているそうです。

【和名】イイギリ [飯桐]
【別名】ナンテンギリ[南天桐]
【学名】Idesia polycarpa
【科名】イイギリ科 FLACOURTIACEAE
【撮影日】2005/11/20
【撮影地】東京都八王子市

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 19:34| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | 樹皮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。