2005年11月29日

ハナノキ

ハナノキ Acer pycnanthum


ハナノキは、長野県、愛知県、岐阜県などの限られた地域に分布する落葉高木です。高さは20m〜30mにも達し、直径もかなり太く1mくらいにもなります。カエデ科カエデ属ですが、ハナノキは、葉が3つに裂ける種です。ふつうカエデといって思いつくのは、葉の縁が5つに裂けて手のひら形になるものですけれど、これはちょっと趣が違っています。樹皮は縦に深く裂けます。

葉は対生。幅の広い卵形で、縁は3つに浅めに裂けます。裂け方には変異が多くて、同じ株の中でもほとんど裂けていないこともあります。そして、それぞれの裂片の縁には先端に向かってギザギザする鋸歯があります。その鋸歯はちょっと粗めです。葉身の部分の長さや葉柄の長さにはやや長短あります。葉身は長さ3cm〜8cm、幅2cm〜10cm。葉柄は1.5cm〜7cmくらいです。葉脈は葉の付け根の部分から3本出ます。

表面は濃い緑色。裏面は粉をふいたように、少し白っぽくなります。秋には橙色〜赤、または黄色になって、とても美しいです。

ハナノキ Acer pycnanthumハナノキ Acer pycnanthum


花期は4月。葉が展開するのに先立って、たくさんの紅色の花をつけます。雄花と雌花が別の株につく雌雄異株。特に雄花のは大きくて集まって咲くので、より濃い紅色が目立ちます。花には、長さ3mmほどの花弁とガク片が、それぞれ5つずつあります。といっても、ふつうに思い描くような花びらという感じではないです。雄花には長い雄しべが5本。雌花の方にも雄しべが見られますが、短いものです。そのかわり、2つに裂けた花柱が突き出ます。

雌花の方の花柄は、次第にのびて、果実はその長い柄の先にぶら下がります。果実は「翼果」で、プロペラの長さは2cmくらい。丸っこい冬芽は「イタヤカエデ」をより派手にした感じです。

ハナノキ。春に咲く紅色の花が美しいことからきているといいます。春に美しい花を咲かせる樹木もたくさんありますけれど、運よく?この樹木だけがこの名前をもらっています。ただし、ハナノキって、「シキミ」の別名でもあるらしいですね。それに、名前の由来は他にもあって、若葉のころ全体が桃色に見えるところから、きているともいいます。

【和名】ハナノキ [花木]
【別名】ハナカエデ [花楓]
【学名】Acer pycnanthum
【科名】カエデ科 ACERACEAE
【撮影日】2005/11/27
【撮影地】東京都新宿区

■当ブログ内関連記事
ミツデカエデ
イタヤカエデ
ウリカエデ
ウリハダカエデ
トウカエデ

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 18:43| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。