2005年12月03日

ムクノキ

ムクノキ Aphananthe aspera


ムクノキは、本州の関東以西、四国、九州に分布し、主に人里近くの林やちょっと低めの山地などに生えるニレ科ムクノキ属(Aphananthe)の落葉高木です。高さは大きいものでは、30mにも達し、幹もふつうは直径60cmくらいですが、1mを越えるかなりの太さにもなります。同じニレ科の「ケヤキ」にも似て、よく枝分かれするほうき状の樹形で、樹冠は丸くこんもりとした感じになります。樹皮は灰白色で、十分な成木になった株では、褐色の「皮目」が短冊状に剥がれてきます。若いうちは遠めにみると、縦に赤っぽい筋模様のように見えます。

葉は互生。長さ4cm〜10cmくらいの卵形で、ちょっと幅は狭い感じで5cm前後。先は尾状にスッーととがります。縁のギザギザ(鋸歯)は、鋭くてはっきりしていますが、やや基部の方は鋸歯がなくなります。エノキに比べれば基部近くまでギザギザしています。質は薄めで、表面は濃いめの緑色で、短い剛毛がたくさん生えていて、触るとザラザラ。ケヤキとよく似た葉ですが、ムクノキの葉は、付け根のところで葉脈が3本に分かれて出ています。エノキも3本に分かれて出ますよね。葉柄は5mm〜1cmくらい。

ムクノキ Aphananthe aspera


花期は4月〜5月。葉の展開と同時に開花します。雄花と雌花は同じ株につく雌雄同株。花色は淡い黄緑色。その年、冬芽からのびた本年枝の付け根の方に雄花がつきます。雌花がつくのは上の方の葉腋です。雄花は比較的たくさん集まって「集散花序」につきますが、雌花は1個〜数個です。果実は熟すと大きめなのですが、雌花は開花中はほとんど目に付かないようなもの。

果実は熟すと黒っぽくなります。ちょっとくらい下から見上げても、あぁ〜黒い実だとわかるくらいの大きさです。何か意味不明ですけどね。そうじゃなくて、直径は1cmくらいの球形です。オレンジ色っぽくなる「エノキ」の果実よりは、柄の部分が短めかな。

冬芽は褐色で、長さは5mm程度。ちょっと平べったく枝にピッタリくっつく感じ。やや多めの「芽鱗」に包まれています。


【和名】ムクノキ [椋の木]
【学名】Aphananthe aspera
【科名】ニレ科 ULMACEAE
【撮影日】2005/11/30
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
エノキ

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 18:41| 東京 ☁| Comment(10) | TrackBack(1) | 樹皮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。