2006年01月01日

カンザクラ

カンザクラ Cerasus x kanzakura


カンザクラは、カンヒザクラ(寒緋桜)とヤマザクラ(山桜)、あるいは早咲きのオオシマザクラ(大島桜)との雑種といわれています。バラ科サクラ属(Cerasus)、あるいは広義のサクラ属(Prunus)の落葉小高木〜高木です。高さは10mくらいでしょうか。樹皮は黒褐色。皮目は横に並んで、全体にコブコブしています。サクラ類に特徴的な樹皮ですね。「カワヅザクラ(河津桜)」や「オオカンザクラ(大寒桜)」などもカンザクラの仲間だそうです。

花は早いければ1月から咲きはじめるので、秋に咲く「フユザクラ」をのぞけば、かなり早い時期に開花します。開花は葉の展開より早いか同時。開くと淡い紅色ですが、蕾のときはさらに色が濃いです。花の直径は2cm〜2.5cmくらいで、花弁は5枚です。雑種親の1つと考えられるカンヒザクラは、中国や台湾の原産で、サクラの仲間では断トツの色の濃さで、半開きの花が下向きに垂れ下がります。カンザクラの場合も下向きですが、色はカンヒザクラよりはずっと淡く、ほぼ平開にちかくなります。

カンザクラ Cerasus x kanzakura


葉は互生。長楕円形で、先はやや尾状になります。カンヒザクラに比べるとやや小さめ。長さは10cmほどです。縁にはギザギザのやや鋭い「重鋸歯」があります。表面は濃いめの緑色、毛はふつうありません。葉柄に毛がないのも要チェック。ソメイヨシノだと柄に毛があります。

サクラ類のチェックポイントとしては、よくガク筒の形があげられます。カンザクラの場合は、ガク筒が鐘形で、途中でキュッとくびれ、先は5つのガク片にわかれます。冬芽は濃い赤褐色。枝の皮目もよく目立ちます。

【和名】カンザクラ [寒桜]
【学名】Cerasus x kanzakura (Prunus x kanzakura)
【科名】バラ科 ROSACEAE
【撮影日】2005/11/27
【撮影地】東京都新宿区

■当ブログ内関連記事
サトザクラ (ヤエザクラ)

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 21:35| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 冬芽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。