2006年01月03日

シダレザクラ

シダレザクラ


シダレザクラは、エドヒガン(江戸彼岸)系の枝垂れ性のタイプです。ベニシダレ、ヤエベニシダレなどいろいろな園芸品種があります。枝垂れ性のサクラはエドヒガン系のほかにもありますが、最もよく見られるのがエドヒガン系で、本来はそのエドヒガン系のものを「シダレザクラ」というそうです。

エドヒガンの学名は、Cerasus spachiana f. ascendens、または、Prunus pendula f. ascendensで、本州、四国、九州の山地に見られる落葉高木です。高さは20mにも達します。種小名の「pendula」には「垂れ下がった」という意味がありますが、エドヒガンは特に枝垂れているというわけではないですよね。ちなみに、ソメイヨシノはオオシマザクラとエドヒガンの雑種だそうですね。一般にソメイヨシノは寿命が短く、それに比べるとエドヒガンは長寿だといわれています。

それにしても、シダレザクラは、本当、すっごく垂れ下がりますよね。ほとんど真下に向かって細めの枝が垂れ下がりますが、これは、枝の伸長が早く重力に打ち勝つ力がなくて、下垂したまま木質化するからなんだそうです。樹皮は縦に裂ける感じ。

シダレザクラシダレザクラ


葉は互生。長さは5cm〜10cmくらい、幅は2cm〜4cmほどとサクラの中では細長い長楕円形。先は細長くとがります。縁のギザギザ(鋸歯)は粗めの単鋸歯か重鋸歯。葉柄は1cm〜2cm。ポチッと膨らんだ突起状の「腺体」は、だいたい葉の付け根にあります。

花期は3月下旬〜4月上旬。葉の展開に先がけて開花します。花は淡い紅色〜白色の5弁花。咲き始めはやや濃い色ですが、次第に白色に近くなります。桜の花びらを描くとき、花びらの先をちょこっとくぼませますが、このシダレザクラの場合も、ふつう花弁の先は2つに裂けます。雄しべは多数、雌しべは1本です。

ガクには毛が生えていて、ガク筒は短く下の方がプクッと膨らんでいます。ガク片は先が5つに裂けて縁は細かくギザギザがあります。ガクの形状はサクラ属のチェックポイントとして重要ですね。

【一般名】シダレザクラ [枝垂桜]
【別名】イトザクラ
【科名】バラ科 ROSACEAE
【撮影日】2005/11/27
【撮影地】東京都新宿区

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 01:17| 東京 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。