2006年01月05日

シロダモ

シロダモ Neolitsea sericeaシロダモ Neolitsea sericea


シロダモは、本州の東北南部以西、四国、九州に分布し、山地や丘陵地に生育するクスノキ科シロダモ属の常緑高木です。高さは10m〜15mほどになります。樹皮は灰褐色で、ボコボコと隆起した丸っこい「皮目」があります。若い枝は緑色。

葉は互生ですが、枝の先に多くが集まってやや輪生状につきます。長さ8cm〜15cm前後、幅5cmくらいの細長い卵形〜長楕円形。縁にギザギザ(鋸歯)はなく全縁です。ちぎるとやはりちょっとだけ、クスノキ科らしく独特の香りがします。質は厚めの革質で、表面は光沢のある濃い緑色。裏面は粉をふいたような灰白色で、褐色の毛があります。特に若葉のころには表面にも毛が見られますが、次第になくなっていきます。

シロダモの仲間、クスノキやヤブニッケイなどはよく似た葉をつけます。その大きな特徴は、葉の付け根よりちょっと上の部分からはっきりとした3本の葉脈が分かれて出ていること。そういう葉脈は、「三行脈」と呼ばれます。中でもシロダモは葉が大きくて、クスノキやヤブニッケイよりも大きめです。葉の裏の白さも際立ちます。

シロダモ Neolitsea sericea


花期は10月〜11月。多くの落葉樹の葉が色づき、葉を落とし始める時期に開花します。花はちょっと茶色みがかったような黄色で、葉腋に散形状に数個つきます。同じころふつうに咲いている樹木といえば、ヤツデ、ビワ、サザンカってところでしょうか。こちらの近辺では、他のクスノキ科の花も、多くは早春〜初夏ごろですからね。

雌花と雄花が別の個体につく雌雄異株です。雄花の方は多数の雄しべが目立ちます。そして、花時期に赤い果実が見られるのは、雌株ってことになりますね。長さ1.5cmくらいの楕円形の果実は、花がついている部分よりも下部に見られます。熟すのに一年かかるので花と同時に見られます。

【和名】シロダモ [白だも]
【別名】シロタブ
【学名】Neolitsea sericea
【科名】クスノキ科 LAURACEAE
【撮影日】2005/11/13
【撮影地】東京都あきる野市

■当ブログ内関連記事
クスノキ
タブノキ
カゴノキ

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 20:40| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。